スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

『アユミちゃん、セカイを救う!』

アユミちゃん、セカイを救う!
制作:アリスとテレス工房
ジャンル:サウンドノベル
購入:コミックマーケット74
死に損ないの達人・鉄川くんと、自称亀の美少女・アユミちゃん
そんな二人がセカイ――もとい如月町を救うため
連続失踪事件の黒幕・首狩りウサギとガチで殺し合う

というお話

伝統に則ってあらすじは制作者様サイトから転載しました(言い訳)

プレイ時間は30分ほど。立ち絵はなく、背景のみで物語が流れていきます。ある作品へのオマージュが込められているそうですが、僕はその作品(というか作家さん自体)を読んだことがなかったのでそれほど影響を受けるところは無かったかなと。だから、知っている人にとってはもっと感想が違ってくるんじゃないでしょうか。

主人公の元に現れた謎の美少女の、ちょっとエッチな言動が楽しいです。そんな彼女に引きずられるようにして展開していくストーリーも、多分読み手を置いてきぼりにしているんだろうけど、その割り切り具合が気前良すぎて好き。というか、それがこのサークルさんの持ち味なんでしょうね。しかし、ショートノベルということで、この作品で描きたかったと思われる「正義」のなんたるかは消化不良だったんじゃないかなぁと。今後のプロジェクトとして、イラストとシナリオが追加されるようなので、そちらの方に期待したいです。
posted by: よしきち | 同人ゲーム感想 | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

『PERMANENT プレリリース版』

PERMANENT プレリリース版
制作:REAZ
ジャンル:伝奇ビジュアルノベル
購入:コミックマーケット74
秋の終わり。ちょうど季節の変わり目。俺は公園のベンチで夜空をのんびりと見上げていた。澄み渡る漆黒の背景に浮かぶ月はとても綺麗で、思わず見とれてしまうほどだった。今思えば、それが物語の始まり。

気が付くと月の中に少女の姿が浮かんでいた。辛うじて認識できたのは、それが空を浮遊しているらしいという事実だけ。夜空のような瞳でこちらを見下ろしていた彼女は、やがて静かに地上へと舞い降りてくる。

――そして俺は彼女に殺された。

殺された主人公が、何故かその犯人である少女の力によって幽体としてこの世に留まることになり、彼女の使い魔としてこき使われちゃう物語。プレリリース版ということで第4章までの収録。プレイ時間は約5時間ほどでした。

物語の途中で終わってしまうんですが、各章にちゃんとストーリーがあって、それぞれ余韻の残る結末を楽しませてくれました。特に第4章が良かったなぁ。こういうジャンルでは珍しく、男同士の美しい友情が描かれていて印象的でした。恐らく制作側が意図したと思われる箇所で、ちゃんとその美しい光景が思い浮かぶのがすごい。

少しだけ、結末に至るまでの過程を端折っている嫌いもあるのですが、暖かみのあるストーリーはすごく素敵。プレリリース版だけど、それでもいいと思わせてくれる力がありました。制作者サイトを見た限りでは、どうやら全面的に作り直すようですね。今から完成が楽しみです。
posted by: よしきち | 同人ゲーム感想 | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

『ナイ・アン・デ 〜Night and Day〜』

ナイ・アン・デ 〜Night and Day〜
制作:ノンリニア
ジャンル:サイコサスペンスビジュアルノベル
購入:コミックマーケット74
陽一たちは目を覚まして愕然とした。数時間前まで、親しい友人や尊敬する先輩とともに学校に泊まり込み、楽しく鍋を囲んでいたはずだった。それなのに、いつの間にか目を覚ますと、そこには自分たち以外誰もいない世界が広がっていたのだ。街の灯は落ち、住人の気配もまるで感じられない。自称名探偵の女友達、浦澤深夜が事件解決に乗り出すのだが、そんな彼らの背後には確実に惨劇が迫っていた。

プレイ時間は16時間ほど。結構長いんですが、物語の展開が面白くてほとんど中断することなく最後まで読み終えました。サイコサスペンスと名が付くだけに惨劇シーンの描写や演出が秀逸。特に、TURN2のラストはかなり来た。頭の中が一瞬弾けて、それから一気に恐怖や嫌悪や驚喜などの感情が雪崩れ込んでくる感じ。ただし、全体的にかなりグロテスクな描写が多いので、そういう流れが苦手な人は注意が必要です。

とても歪(イビツ)で、とても残酷な物語――とでも表現したものでしょうか。面白いのだけど、グッとくるものがあるんだけど、やはり有名作品の流れに呑み込まれてしまった感が否めない部分も少々あります。あと、結末に至る過程も同様に。でも、少しずつ謎を明らかにしていく手法や、予想のつかない展開、そして読み手の期待を否応なく煽る文章は、それだけで十分にこの作品の高い価値を決定づけているのではないかと。
posted by: よしきち | 同人ゲーム感想 | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

『紫園の棺』

紫園の棺
制作:RandomWork
ジャンル:伝奇ホラービジュアルノベル
購入:コミックマーケット74
香草見村に行ってくるね――そう言い残して行方不明になってしまった幼馴染みがいる。あれから3年、もう忘れていたと思っていたのに、彼女が残したノートが今さらになって出てきた。そこには、在るはずのない村の場所が。俺は幼馴染みの志乃、クラスメイトの琴音と共に、彼女の記した場所を訪れることにしたのだが……

選択肢なしの一本もので、プレイ時間は約3時間半ほど。短い中に物語が良くまとめられていて、ジャンルに沿った基本的な作りの佳作と言えそうです。このサークルさんの前作もそうだったんですが、キャラクターデザインが結構好みだったり。

ただ、所々に有名作品を連想させる要素があり、そのガジェットで書かれた別の話を読んでいる気分に少なからず陥りました。それを許容出来るか出来ないかで評価も分かれることになりそうなんですが、全体的に雰囲気が出ていて、ラストもちょっぴり感傷的な気分に浸ることが出来たので、さほど気にすることでもないのかもしれません。プレイ時間が手頃で、物語自体も奇をてらわない安定した作りなので、同ジャンルを気軽に楽しめるところがこの作品の魅力かと。
posted by: よしきち | 同人ゲーム感想 | 19:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

『Crown』

Crown
制作:遊牧生活
ジャンル:SF短編・ビジュアルノベル
購入:コミックマーケット74

どうやら長いあいだ眠っていたらしい。
目を開くと、モノクロの世界の中に少女が一人。
ヒューマノイドたる私は一体、何をするべきなのか。

短編、ということでプレイ時間は30分ぐらい。
派手さはないものの、主人公である「私」の視点が今どのように見えているのかを表現するという、視覚に訴えた演出方法が面白かったです。開始当初、何で画面がモノクロなの?と首を捻っていたのですが、途中からようやくその事に気が付いて(遅)素直に感心してしまいました。

物語は「私」と少女との平坦な日常が描かれることで進んでいくんですが、それほど派手な出来事もなく最後を迎えます。あくまでも「私」の視点からしか物事を計りようがないので、何が起きたのかとか、それでどうなったのかとかは分かりません。でも、最後まで読み終えた後、ああ、読み手側に色々考える余地を残してくれたのは有り難いことだなぁと、ふとそんな感想を抱きました。人にもよるかと思いますけど、想像次第で良い未来・悪い未来どちらも選べる作品ではなかろうかと。
posted by: よしきち | 同人ゲーム感想 | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

『島乃音〜体験版〜』

島乃音(シマノネ)〜体験版〜
制作:ダイナマイトバンディッツ
ジャンル:ノスタルジーサウンドノベル
購入:コミックマーケット74
俺は数年ぶりに眞也島の土を踏んだ。全島民の立ち退きが一ヶ月後に迫る中、ある理由で戻って来ざるをえなかったからだ。久しぶりに会った島の人達は、あまり昔と変わっていなかった。だけど、その中に俺の居場所はない。昔よく遊んだ友人達も、再会を懐かしんでくれるけど、何かぎこちなくて……

何故か孤島殺人系の紹介文みたくなってしまったのですが、ジャンルはノスタルジーサウンドノベルです。主人公たちの友情を軸にして少し不思議なお話を、的な雰囲気。プレイ時間は約50分ほど。体験版なので途中で終わるんですが、それがあまりにも突然だったためちょっとビックリしました。

主人公と、彼の元飼い猫を自称する少女とのやり取りが、なかなか楽しめます。それが上手くコントラストになっているのも一つの要因でしょうかね。過去の話と、現在の複雑な心境、そして微妙に噛み合わない島の空気との織り交ぜ方が良くできていて、物語にも素直に入り込むことが出来ました。友人達が抱えているものが何なのか、そして、主人公の複雑な事情がそこにどう絡んで、どのようにラストへと導かれていくのか楽しみです。あと、そこへ猫耳少女の存在がどう関わるのかも。
posted by: よしきち | 同人ゲーム感想 | 01:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

『TAIHAism -タイハイズム-』

TAIHAism-タイハイズム- 完成版
制作:Giant Ant Unit
ジャンル:ギャルゲー(全年齢)
購入:コミックマーケット74

行きすぎた文明の進歩によって、人々は生きるすべを機械に全て奪われてしまった。働く苦みも、病の苦しみも、生きる苦しみも、何も心配することがなくなったのだ。お陰で最初の頃は自殺が当たり前のように流行し、世界の人口の半分はそれで死んだ。タイハイズムというのはそれらの精神的な病を総称した名前で、今や生まれてくる者の大半がこの病に冒されている。

1万人に一人の確率で生まれてくると言われている、タイハイズムに感染していない存在「ユニーク」。プレイヤーはそのユニークの少年として、滅びかけた世界を生きていきます。そこには男女共学の学校があって、周囲には幼馴染みや色々な属性を持った女の子達がいて、家では血の繋がらない姉妹が同居していて、登校途中で女の子とぶつかったり、みんなでパーティをしたり、恋をしたり、嫉妬されたり、世界を救う方法を探したりと、いろんな出来事を体験します。だけど、その先に待っているのは、必ずと言っていいほど、期待したものとは違う結末。そんなゲームです。ギャルゲーと書いてありますけど、「ほとんどのギャルゲーへのほのかなアンチテーゼ」と謳っているだけに、一筋縄ではいかない物語です。

一通りのプレイ時間は、2巡目以降の共通シナリオの部分を除いて約16時間ほどでした。制作サークルさんのサイトでも総プレイ時間18時間+αとあったので、恐らくそれほど的外れでもないかと。

全てクリアした後の感想としては、まず後悔。
内容がどうこうという意味ではなくて、純粋に『もっとこの物語を続けたかったのだけど、全てを見るにはもっと時間がかかるから』という意味です。人生にちょっと似ているかも知れませんね。過去を振り返って、「ああ、あの時はこうしておけば……」と思うことが何度かあるはずです。この作品はそんな感傷に浸らせてくれました。イベントCGもしっかりしているし、ここぞという所で、メインテーマが響くんですよねぇ。手のひらに落ちてきた雪の結晶、などと柄にもなくそんなイメージを抱いてしまいました。今後、時間をかけて、少しずつやり残した部分を探していきたいと思います。
posted by: よしきち | 同人ゲーム感想 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

その他の気になるC73作品

正月休みもアフターファイブも捧げ、ようやく全ての作品のプレイ終了。マヂで脳みそがお粥になるかと思った……。ここでは、記事は作成しなかったんだけど完成版が気になるという体験版をピックアップ。

『ナナコシ 体験版』
制作:STEEL
ジャンル:サウンドノベル
実在する地方がモデルのミステリー? プレイ時間は20分ほど。話の方向性が見える前に終わってしまったのでよく分からなかったけど、素直に入り込める文章とストーリー、あとホンワカした絵柄に好感が持てた。

『千円ポッキリのネクロマンス 体験版』
制作:青色666号(合作らしくサークル名は違います)
ジャンル:サウンドノベル
私の学校にはわずかな金額で死体を蘇らせてくれる人がいて……的な内容。プレイ時間は10分ほど。短すぎてよく分からなかったけど、主人公の表層意識と深層心理を書き分けるやり方がなかなか面白かったなぁと。

『コドクノ 1日目』
制作:世界のクモヒトデ
ジャンル:女の子達が殺し殺されシミュレーション
ヒロイン全員がヤンデレという設定。プレイ出来るのは一日目までで、約20分程度。みんなが本性出す前にゲームが終わってしまうので、面白いかどうかの判断はつかなかった。だけど、制作サイトを見る限りでは面白いものができあがりそうな予感。

『紫園の棺 - コミックマーケット専用体験版』
制作:Randomwork
ジャンル:伝奇ホラー・ビジュアルノベル
行方不明の友人を探すべく地図には存在しない村へ……という話になるらしい。プレイ時間は1時間ほど。キャラクターのデザインは親しみやすくて好きなんだけど、村へ出発する前に終わってしまうのでストーリーに関しては何とも。

『COMIXCOMI Trial version0.6』
制作:PSYCHOFRAME
ジャンル:アキバライフシミュレーション
購入:コミックマーケット73
未来の秋葉原で繰り広げられるオタク達のバトルストーリー?プレイ時間は90分ほど。一時凍結していた企画を再始動させた作品らしい。体験版ながら熱血展開のエピソードを手堅くまとめており、グラフィックなど全体的な完成度も高い。
posted by: よしきち | 同人ゲーム感想 | 15:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

『あした晴れたら』

あした晴れたら 製品版
制作:ティル ドーン
ジャンル:ドラマチックショートノベル
購入:コミックマーケット73

死んだ彼氏からメールが届いた。
ちなみに私は霊感能力ゼロ。
姿も見えず、声すら聞こえない彼は、携帯電話のメール越しに私に伝えてくる。
「成仏したいから手伝ってほしい」と。

これだけ短くても伝えたいことが伝えられるんだなぁ……と。15分ほどのストーリーなんですが、さすが「ドラマチック」を謳うだけあって内容が濃い。交通事故で亡くなった彼氏のために彼女がちょっぴり頑張るという物語なんですが、それを敢えて悲愴感を漂わせず、ドライな調子で抑え気味に描く作風が何とも胸に心地良いです。

演出も、立ち絵を使わずに一枚絵を組み合わせた漫画のような手法を取り入れているのが印象的。かなりの作業量だったと思うんですが、まるで短編映画を見ているかのような錯覚に陥らせてくれる冒頭とラストシーンはスタンディングオベーション。ただし、2人の絵師さんが携わっているようで中盤の作風ががらりと変わるのには驚いた。短編なのだから、あそこで絵柄が変わるのは何とも……。あと特筆すべきは、フルボイスということ。これがまた、なかなか上手いしキャラクターと合っていて楽しめる。まさに、サークルの総合力が遺憾なく発揮された良作といえるでしょう。短いストーリーなので、ちょっとした気分転換にも良さげな感じです。
posted by: よしきち | 同人ゲーム感想 | 10:37 | comments(0) | trackbacks(1) | - |

『迷子の時間 体験版』

迷子の時間 第一章
制作:B:net's
ジャンル:長編『学園』ファンタジー
購入:コミックマーケット73

高校2年の冬。主人公である廣山信は、様々なことに不安を抱えて生きていた。例えば1年後に迫る受験のこととか、友人関係のこととか、はたまたその先にある自分の将来についてのこととかetc……。進学塾にはきちんと通っているし、学校の授業も真面目に受けている。だけど、それだけでは解決できない、言いしれぬ不安――。何か大切なものを捨てているような、そんな不安がどうしても解決できないまま胸の中に渦巻いているのだ。そんなある日、クラスメイトの一人が姿を消した。何の脈絡もなく、動機もなく。そして事件は次第に膨張し、不安定だった少年達の日常を蝕み始める……。

完成版ではプレイできるシナリオの順番が決まっていて、本体験版はその第1章部分に相当するようです。ちなみにプレイ時間は4時間から5時間程度。最後の方に選択肢も出てきますが、選択することは不可能。

内容的にはちょっと地味です。燃えもなく、萌えもなく、不安定な時期の主人公と、その周囲を淡々と描いているだけと言ってもいいかも。もちろん、ミステリー&ファンタジー要素がそこへ絡んでくるんだけど、人によっては平坦すぎて読むのを諦めてしまうんじゃないかなぁ……と思うところが少々。

それでも、ひとたび主人公に共感を覚えてしまうと早い早い。彼が否応なく事件に関わらなければならなくなる中盤辺りから、俄然、物語が面白くなってくる。学校生徒の失踪事件と、主人公のストーリーが同時並行で描かれていく中で、次第にプレイヤーである自身が主人公の行動を選択できないことに苛立ちすら感じるようになってくる。つまりは、最終的にそこまで感情移入をしていたというわけで、正直言って予想外の面白さでした。過度に物事を煽らない良質なミステリー性と、多感な時期の少年少女を捉えた学園ドラマ、双方の性質を併せ持った作品と言えるでしょう。

そして、「やられた……」というのがプレイ後の率直な感想。この第1章の主人公は、物語の終盤で意図的に道を間違えなければいけない。「間違える」というのも語弊があるかも知れないけれど、それがプレイヤー側としては非常に痛い。あの時に別の選択肢が選べていれば、或いは、物語自体をやり直すことが出来れば――と最後に抱かされてしまうわけです。もちろん、謎は謎のままで。これで完成版が気にならないわけがない。これはある意味でやっかいなのかも知れません(笑)。お陰でまた一つ、完成が待ち遠しい作品ができてしまいました。
posted by: よしきち | 同人ゲーム感想 | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - |