<< 少女の選んだ方法『イヴは夜明けに微笑んで』 | main | 王女の異常な感情。『ユーフォリ・テクニカ―王立技術院物語』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

悪意はどこまでも深く。『麗しのシャーロットに捧ぐ―ヴァーテックテイルズ』


麗しのシャーロットに捧ぐ―ヴァーテックテイルズ
麗しのシャーロットに捧ぐ―ヴァーテックテイルズ
尾関 修一

「見てはいけない」と言われれば、見たくなるのが人の気持ちというもの。ましてや、その対象が恋心を抱く相手となればなおさらだ。
メーネルト家にメイドとして住み込んでいるシャーロット・フェリエは、屋敷の当主であるフレデリックに仄かな恋心を寄せていた。彼は人形を愛するという変わった趣味の持ち主であったが、シャーロットに対しては優しく、まるで家族のような扱いで接してくれていたのだ。だが、彼には妻がいた。現在は病床にあり、もう何年も部屋に閉じこもったままの顔も見たことのない女が。
しかしシャーロットは、ある日フレデリックの妻を見てしまう。「見てはいけない」と言われていたあの部屋の奥で。それが全ての事件の根源とも知らずに……。

三つの時代を背景に語られる、人と人形とが生み出す愛と憎しみの物語。
作者は第6回富士見ヤングミステリー大賞で佳作を受賞した尾関修一さん。本作品はその受賞作でありデビュー作。ただし、漫画原作の賞でも複数の受賞経験を持つという実力派である。

ゴシックホラーに関する記述は本作品のあとがきの方がよほど詳しく記述されているので言及はしない(というか知らない)が、とにかくゴシックホラーの名にふさわしい作品と言っていいだろう。
作品の冒頭から始まるミスリード。騙されてはいけないと頭を振りつつページを捲るが、いつの間にか作品に夢中になっている自分がいる。さすが受賞経験のある作家さんだけに、文章が安定していて非常に読みやすいのだ。しかも、このジャンルの作品は登場人物にキャラクター性を持たせることが困難ではないかと思うのだが、本作品では見事にそんなことなど忘れさせてくれる。作品自体がキャラクター性を持っているといっても過言ではない。雰囲気にやられた感じだ。

先日に読んだ『僕たちのパラドクス』と本作を比べたとき、なぜ『僕たちのパラドクス』の方が大賞を受賞したのかを考えてみた。すると、何となくその理由が分かるような気もする。
いや、なぜ『麗しのシャーロット』が大賞に選ばれなかったのか、と言うべきか。何しろ本作は極めて大人向けな内容なのである。作風にしろ、描写の仕方にしろ、ドキッとさせられるものが多い。そして続編の作りにくいラスト。逆を言えば、本来のライトノベルの読者層には受け入れられにくいところがあるのかも知れない。
とはいえ、よしきちは大ヒット。ぜひ作者さんの次回作を読みたいものだ。
posted by: よしきち | ライトノベル感想 | 20:40 | comments(0) | trackbacks(9) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 20:40 | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
トラックバック機能は終了しました。
 
2007/01/30 10:13 PM
Posted by: ぬるいヲタク猫風味
ヴァーテックテイルズ 麗しのシャーロットに捧ぐ
『ヴァーテックテイルズ 麗しのシャーロットに捧ぐ』(著:尾関修一 イラスト:山本ケイジ 富士見ミステリー文庫刊)を読了。  うはーケチを付ける所が見つからない。  自作の人形を偏愛するメーネルトに仕えるメイ
2007/01/30 10:23 PM
Posted by: booklines.net
[尾関修一] 麗しのシャーロットに捧ぐ ヴァーテックテイルズ
人形作家であるメーネルトを慕うメイドのシャーロットは、ある異変に気づいた。奥様であるミリアムは、ひょっとして……。疑問は膨らむがメーネルトへ尋ねる事はできない。 そんなとき、メーネルトの仕事の手伝いを...
2007/01/30 11:22 PM
Posted by: ライトノベル名言図書館
書評/麗しのシャーロットに捧ぐ ヴァーテックテイルズ
☆☆☆☆☆ 麗しのシャーロットに捧ぐ ヴァーテックテイルズ 著者/尾関修一 イラ
2007/01/31 2:12 AM
Posted by: Alles ist im Wandel
麗しのシャーロットに捧ぐ
麗しのシャーロットに捧ぐposted with 簡単リンクくん at 2007. 1.28尾関 修一〔著〕富士見書房 (2007.1)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る やー、これは凄かった。 そしておもしろかった。 知識解説の無い洋風京極といった印象。 何
2007/02/08 4:18 PM
Posted by: ラノベなPSP
お前は誰だっ!【麗しのシャーロットに捧ぐ】
[http://www.bk1.co.jp/product/2744785/p-holyknight1146 麗しのシャーロットに捧ぐ] 久々の本格ホラー(若干ミステリ)…なのかな。 面白いといえば面白いんだけど、正直ホラーとかミステリとかを読み慣れていない自分にとっては、やや難でした。 こういうのっ
2007/02/12 12:07 AM
Posted by: ラノベ365日
麗しのシャーロットに捧ぐ ヴァーテックテイルズ/尾関修一
麗しのシャーロットに捧ぐ―ヴァーテックテイルズ尾関 修一 富士見書房 2007-01by G-Tools 【メイドのシャーロットは、日増しに募る主人メーネルトへの想いを抑えきれなかった。しかし彼は、妻ミリアムを溺愛していた。ある日、シャーロットはミリアムが人形だと気づい
2007/03/08 6:04 PM
Posted by: ライトノベルっていいね
麗しのシャーロットに捧ぐ―ヴァーテックテイルズ
麗しのシャーロットに捧ぐ―ヴァーテックテイルズ 著者 尾関修一 イラスト 山本ケイジ レーベル 富士見ミステリー文庫  ???  人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。  クリックありが
2007/03/18 11:26 AM
Posted by: アイボリッジ/小説感想ブログ版
麗しのシャーロットに捧ぐ 星4.5
人形・メイド・屋敷・死人・蘇り・悪魔・血 富士見ヤングミステリー大賞 佳作受賞作品 ジャンル:ゴシックミステリーホラー 富士見ミステリー 作者:尾関 修一 画:山本ケイ
2007/03/25 1:48 PM
Posted by: 彩彩華美
ヴァーテックテイルズ -麗しのシャーロットに捧ぐ-
[[attached(1,center)]] 富士見ミステリー文庫発行   著/尾関修一  イラスト/山本ケイジ {{{ 都市部ではガス灯の輝きと蒸気機関の発展とともに法治国家としての近代化が進んでいるが、辺境ではいまだに宗教道徳が支配する前近代的な社会が残っている時代。こ