<< 歴史に翻弄される二人『僕たちのパラドクス―Acacia2279―』 | main | 悪意はどこまでも深く。『麗しのシャーロットに捧ぐ―ヴァーテックテイルズ』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

少女の選んだ方法『イヴは夜明けに微笑んで』

イヴは夜明けに微笑んで
イヴは夜明けに微笑んで
細音 啓

赤・青・黄・緑・白。
五つの色の内いずれかを讃美し、詠うことによって召還を可能とする技術、名詠式(めいえいしき)。誰もが確立された五色の道を歩もうとする中で、たった二人だけ、別の色を欲した少年少女がいた。
少年は五色を使いこなす『虹色使い』を、そして少女はどの色とも違う『夜色使い』を目指していた。二人は互いを知り、認め合うと共に一つの勝負を思いつく。それは、どちらが先に自身の目的を達成するか。そして、先を越された方が成功した相手を迎えに行くという約束を結び、少年少女は別の道を歩む。
それから約十年の月日が流れたある日。名詠式の専修学校に通う少女クルーエルは、夜色の名詠式を学ぶ異色の転校生、ネイトと出会う。更には五色の名詠式を使う『虹色使い』まで学校に現れ……。

招き寄せたいものを、それと同じ色の触媒を通して召還する『名詠式』。それが技術として確立され、専修学校の就職先として実際に存在する世界の物語。詩的な讃来歌(オラトリオ)と、二人の間で交わされた切ない約束が織りなす召還ファンタジー。
作者は細音啓(さざね・けい)さん。第一八回ファンタジア長編小説大賞の佳作受賞作品だ。

序章で描かれる少年と少女の物語がとても切ない。
積み上げられた道を歩くのではなく、更にそこから翼を広げて飛び立とうとする二人の気持ちが静かに描かれているのだ。物語はここから始まり、そして本来の主人公達に受け継がれていくという構成。これは作品のスタートとしては成功の部類に入るだろう。
ただし、それ以降の物語の流れが少々惰性的なものを感じた。ラストに関しても、多くの人物に焦点を当ててしまったために、結末自体がぼやけてしまった感が否めない。
物語の構成上、仕方のないことと言えばそれまでだが、もう少し人物の焦点の当て方についてさじ加減を考えた方がいいのではないかと。デビュー作であることを考えれば、そういうことはこれから徐々に学んでいって欲しいところだ。いずれにせよ、今後が注目される作家さんであることは間違いないのだから。

無理だと知りながら、それでも成し遂げようと考え抜いたあげくに、約束の少女がどのような方法を選択したのか。この作品の見所は、彼女の選んだ方法にあるだろう。ぜひ、続編に期待したい。
posted by: よしきち | ライトノベル感想 | 21:37 | comments(0) | trackbacks(7) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 21:37 | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
トラックバック機能は終了しました。
 
2007/01/28 10:13 PM
Posted by: 今日もだらだら、読書日記。
黄昏色の詠使い イヴは夜明けに微笑んで
イヴは夜明けに微笑んで 細音 啓著 富士見書房(2007.1) 赤・青・黄・緑・白の5色の媒介を元に、自分の心を形にして詠びだす「名詠式」。とある夕暮れの教室で、全く新しい色・“夜色”の名詠式を考え出そうと...
2007/01/28 10:21 PM
Posted by: ライトノベル名言図書館
書評/イヴは夜明けに微笑んで 黄昏色の詠使い
☆☆☆ イヴは夜明けに微笑んで  黄昏色の詠使い 著者/細音 啓 イラスト/竹岡
2007/01/29 12:55 AM
Posted by: ラノベ365日
イヴは夜明けに微笑んで/細音啓
イヴは夜明けに微笑んで細音 啓 富士見書房 2007-01by G-Tools 【赤青緑白黄。五色の触媒を用い、対象を讃える&lt;賛来歌&gt;を詠うことでその存在を呼び寄せる名詠士。赤色名詠士クルーエルは、転校生ネイトと出会う。彼は夜色名詠という異端の名詠を目指して
2007/01/29 8:57 AM
Posted by: booklines.net
[細音啓] イヴは夜明けに微笑んで 黄昏色の詠使い
色を媒体に、呼び出したい物、出会いたい物を心に描き、詠うことで自分の下へと招きよせる技術「名詠式」を学ぶ学校で、クルーエルは、赤、青、黄、緑、白以外の理論として構築されていない夜色名詠を使うネイトと出...
2007/01/29 11:25 PM
Posted by: ライトノベル・漫画が好き☆
イヴは夜明けに微笑んで 感想
イヴは夜明けに微笑んで細音 啓 富士見書房 彼女は、ずっと考えていた。人と関わらず、孤独な人生。それで、いいのかと。だから、決めたのだ。自分の“心”を形にして詠び出せる、名詠式を学ぶことを。そうすれば、少しでも
2007/01/31 2:13 AM
Posted by: Alles ist im Wandel
イヴは夜明けに微笑んで
イヴは夜明けに微笑んでposted with 簡単リンクくん at 2007. 1.25細音 啓著富士見書房 (2007.1)この本は現在お取り扱いできません。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 竹岡美穂さんのイラストで手に取ったが、これは良かった。 まさに切なさのサファイア。 わり
2007/02/06 7:59 PM
Posted by: 読了本棚
イヴは夜明けに微笑んで
物体の名前を詠うことで呼び寄せる召喚術・名詠式。その専門学校に通うクルーエルは、寮の近くで迷っていた少年・ネイトに出会う。転校生であるネイトはまだ世間には認められていない夜色名詠を使うのだというが――――