<< 機動戦士ガンダム MSイグルー2 重力戦線 1 | main | 『かんなぎ』第4話 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

お姉ちゃんと私とお姉さま。『どろぼうの名人』

JUGEMテーマ:読書
初雪はお姉ちゃんが大好き。お姉ちゃんも初雪のことが大好き。でも、初雪は川合愛さんの妹にならなくてはならない。大好きなお姉ちゃんを守るために。もちろん、期限付きで。そうしてこの奇妙な生活がスタートした。
右を向いても左を向いてもお姉さんと妹しか出てきません。ああ、あと可愛いツインテールの女の子と、逞しいナイスガイたちも若干数十名ほど出てきます。思いっきり百合百合していますが、狙ったような感じではなく、あくまでも作品の雰囲気として溶け込んでいたので、それほど気にはならなかったように思います。読みやすい文体も好み。

主人公である初雪の視点から物語が語られていくんですが、その、非日常な出来事の中でものんびりと構える考え方が好きでした。なんか世界観がとんでもないことになっているみたいなんですが、それをそうと感じさせず、突然読み手にポンと提示してみせる手法もなかなか。というか故郷が、私の故郷が大変なことに。あとがきで、この作品は色々な話を元にしていると書かれていましたが、特に印象的だったのは「ルパン三世カリオストロの城」からのインスパイア。警部のお言葉ではなくて、最後の方に登場するナイスガイな野郎ども。妙に埼玉県警機動隊の「気持ちのいい奴ら」とタブって仕方がありませんでした。大きな世界観の中のとても小さな物語。
posted by: よしきち | ライトノベル感想 | 13:32 | comments(0) | trackbacks(1) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 13:32 | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://yoshikiti.jugem.jp/trackback/338
 
2008/10/27 9:55 PM
Posted by: 屠られ日記!(GNO2)
どろぼうの名人
[http://www.amazon.co.jp/dp/4840124272/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1225026920&sr=8-1 どろぼうの名人 (ガガガ文庫 な 4-1) ] 著者/中里 十   イラスト/しめ子   ''私の名前は初雪。もうすぐ15歳になる。「古本屋の川井さん、覚えてる? 昔、連