<< 1月新作アニメ『月面兎兵器ミーナ』第1話 | main | 可笑しくて、切なくて。『神様のメモ帳』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

1月新作アニメ『のだめカンタービレ』第1話

放送から約1週間目にしてようやく視聴。
どうも自分の好きではないジャンルは気後れがしてしまう。特に「大人向け」といわれる作品は苦手なのですよ……。

感想としては「良質な作品」の一言に尽きる。
『ハチミツとクローバー』の監督で知られるカサヰケンイチ氏を起用し、以下のスタッフロールには、ベテラン脚本家の金春智子氏、美術監督には『ルパン三世 カリオストロの城』ほか数々の作品で知られる超ベテラン小林七郎氏などのビックネームが名を連ねる。これで良作にならないはずがない。音楽に対しても並々ならぬ力が注がれているようなので、さすが話題作といったところか。

音楽に関してちんぷんかんぷんな自分が、どこまで楽しんで視聴できるのか。今後の展開に注目していきたいところ。
posted by: よしきち | アニメ感想 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(1) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 23:15 | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://yoshikiti.jugem.jp/trackback/30
 
2007/01/25 11:49 PM
Posted by: 移り気な実況民の日々
のだめカンタービレ Lesson1
 指揮者志望のピアノ科学生、千秋真一(声:関智一)は、大学でもっとも有名で有能なピアノ教授から愛想を付かされて、ふてくされていた。