<< 1月新作アニメ『ヴィーナス ヴァーサス ヴァイアラス』 | main | そうして過ぎていく【後編】 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

奈須きのこ最新作『DDD 1』

DDD 1
DDD 1
奈須 きのこ

もはやライトノベルに分類できたものか。
『月姫』や『Fate/stay night』のシナリオライターとして知られる奈須きのこ先生の最新作である。

A(アゴニスト)異常症患者と呼ばれる奇病、いわゆる『悪魔憑き』が蔓延るようになった世界。C県支倉市という地方都市を舞台に、左腕を失った主人公、石杖所在(いしづえ・ありか)と四股を持たない不思議な屋敷の主、迦遼海江(かりょう・かいえ)が出会う奇妙な事件を描くというもの。

『空の境界』でも感じたことだが、まさにジグソーパズルのような小説である。しかも、そのピースの幾つかに偽物が散りばめられているのだから始末が悪い。
まったく奈須きのこ先生を知らない人間にとっては、読みづらいとしか言いようのない文体、独特の台詞まわし、めまぐるしい場面転換のオンパレード。なれた人間でもこの世界観に浸るためには結構な根気が必要だろう。だが、物語も半分を過ぎると俄然、面白くなってくる。終盤になればもう、絶好調だ。ヒャッホーイ! 
空の境界とは違う、より一層俗世に近づいた作品、とでも言うべきか。とにかく面白いのである。明日(というか今日)は仕事だというのに午前零時をまわってもまったく読み進める手に止まる気配無し。←マアイイカ
とにかく圧巻としか言えない。ぜひご一読を。

余談。
物語の舞台となるC県支倉市というのは、恐らく千葉県佐倉市がモデルではないかと。
いや、読み進めれば読み進めるほど奇妙なデジャビュに襲われて。幾つかの地名と立地条件を照らし合わせたらどうしてもそうとしか考えられない。
いや、そこに住んでいた人間だから間違いないと思うのですよ、はい。
posted by: よしきち | ライトノベル感想 | 01:35 | comments(4) | trackbacks(4) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 01:35 | - | - | - |
コメント
 
2007/01/15 9:37 PM
Posted by: 通りすがりです。
はじめまして。現在佐倉住んでます。

読み進めているうちに、ん〜ん〜?

某高校名で確信いたしますた。
2007/01/17 12:49 PM
Posted by: よしきち
僕はもう佐倉を離れて久しい身ですが。

コアラヶ丘。
そのまんまなネーミングに笑えますね。
2007/02/06 10:34 PM
Posted by: 名無し
はじめまして、勝手な横槍すいません
他にもN県と言うと日本中で最初にNの付く県は新潟県だけです
2007/02/10 8:32 PM
Posted by: よしきち
なるほど、言われて気が付きました。
やはり隔離病院にもモデルがあるのでしょうか?そういった楽しみ方もなかなか面白いものですね。









トラックバック
 
トラックバック機能は終了しました。
 
2007/01/21 11:55 PM
Posted by: ラノベ365日
DDD 1/奈須きのこ
DDD 1奈須 きのこ こやまひろかず 講談社 2007-01-10by G-Tools 【感染者の精神だけでなく肉体をも変貌させる奇病・アゴニスト異常症感謝-"悪魔憑き"。左腕を失った石杖所在と漆黒の義手義足で微睡む迦遼海江の奇妙な"悪魔祓い"とは!?】 「すごい──お兄ちゃんの手
2007/01/22 8:49 AM
Posted by: booklines.net
[奈須きのこ] DDD 1
親子三人で自殺したという噂が、いつの間にかカイエの元まで届いていたようだ。事件にかかわるつもりはなかったが、ヤツから義手を借りていて、しかも木崎さん家は三軒隣。 期待値が労働値を上回ったこともあって、...
2007/09/30 8:35 PM
Posted by: 狭間の広場
DDD(1)/奈須きのこ
奈須 きのこ, こやまひろかず DDD 1 【それは骨の軋む幽(しず)かな夜。花開くような、美しい命の音。 ――Decoration Disorder Disconnection 感染者の精神だけでなく肉体をも変貌させる奇病、 A(アゴニスト)異常症患者――俗に言う“悪魔憑き”が蔓延る
2008/12/08 8:37 PM
Posted by: 自由の森学園図書館の本棚
DDD
★★★ 著者:  奈須きのこ 出版社: 講談社   恐怖という感情が欠落した白髪の男・石杖所在(いしづえ ありか)は、迦遼海江(かりょう かいえ・男)なる人物に雇われていた。美少女に見えるが実は男の海江は、「悪魔憑き」という奇病に興味を持っていた。