<< ここが、僕たちの居場所。『神様のメモ帳 3』 | main | 『魔法遣いに大切なこと〜夏のソラ〜』第1話 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

しあわせのある風景。『桜田家のヒミツ』

桜田家のヒミツ―お父さんは下っぱ戦闘員 (電撃文庫 か 15-1)
桜田家のヒミツ―お父さんは下っぱ戦闘員 (電撃文庫 か 15-1)
柏葉 空十郎
JUGEMテーマ:読書

妻と小学生の子を持つ源之助は、今時珍しい頑固オヤジ。職業は、世界征服を企む「地獄十字軍」の戦闘員だ。組織の命令に従って悪事を働くわけなのだが、正義のヒーローによる容赦ない制裁のお陰で最近は命の危険に晒されてばかり。しかも下っ端の仕事は他にもあって、42歳の男厄年を迎えた身としては結構辛い。そんな彼の元へ、誘拐した資産家の娘を預かるという重要な任務が下された。実はこのお嬢様、とんでもない性格の持ち主で――

悪・即・爆!という正義のヒーロー達には笑った。そういえば昔の戦隊物では「爆破」的な演出も結構あったような気がするなぁ。今はどうか分かりませんが。黄色はデブでカレー好き、というのは最早神話に近い絶滅危惧種。イケメンが絶対条件の現在の戦隊物では見ることの出来ないキャラクターですね。まぁ、逮捕されちゃうんですが。

個人的には源太郎と麗華の掛け合いがツボ。他人のことなんて考えられない身勝手お嬢様の麗華が、桜田一家の人情に感化されていって、やがて自ら進んで源太郎の手を取ろうとするまでの過程がね、もう、大好きです。パッと見は「戦隊物に出てくる戦闘員にスポットを当てる」ことで意外性を持たせた作品のように見えますが、今では風化寸前の「頑固オヤジのいる家庭」を描いて、それを人情風味に仕立て上げた事の方が実は結構ウェイト重いのではないかと。

ただし、作風に関してはちょっと……というのが正直なところ。やたらと台詞の間に説明が入るし、組織・設定・人物に関しても投げっぱなしな部分が多いんですよね。でも、逆に言えば、それは読者に対して分かりやすいよう心がけた賜物でしょうし、設定等に関しても物語をリアルに演出しようとした結果なんだと思います。更に言えば、それを考慮しても面白かったんですから、これはストーリーの一人勝ちかなと。身も蓋もありませんが、やっぱりラストは幸せな風景が一番。続編はなさそうだけど、源太郎と麗華のその後の物語が気になりますね。
posted by: よしきち | ライトノベル感想 | 19:44 | comments(0) | trackbacks(2) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 19:44 | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
トラックバック機能は終了しました。
 
2008/06/15 10:28 PM
Posted by: ラノベなPSP
悪という名の正義、正義という名の悪【桜田家のヒミツ】
桜田家のヒミツ〜お父さんは下っぱ戦闘員 === 正義の味方こえぇーー! === 悪の組織、それも下っ端戦闘員からみたら、正義の味方ってのも意外とえげつないことしてるのな〜っていう話。 戦闘員はつらいよ。みたいな。 初っ端から知り合いの怪人をヒーローに殺さ
2008/06/21 2:34 AM
Posted by: Alles ist im Wandel
桜田家のヒミツ
桜田家のヒミツ―お父さんは下っぱ戦闘員 (電撃文庫 か 15-1)柏葉 空十郎アスキー・メディアワークス 2008-06-10売り上げランキング : 2749Amazonで詳しく見る by G-Tools ちょっと微妙。 針山さんや世界平和、雅先生みたいな戦隊ヒーローへのオマージュとして見ると