<< 真実の翼。『オイレンシュピーゲル肆』 | main | 『劇場版 空の境界』第四章 伽藍の洞 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

嵐の中で。『スプライトシュピーゲルIV』

スプライトシュピーゲルIV  テンペスト (富士見ファンタジア文庫 136-11)
スプライトシュピーゲルIV テンペスト (富士見ファンタジア文庫 136-11)
冲方 丁
JUGEMテーマ:読書

民族大虐殺の引き金を引いた人物が、国際戦犯法廷によってその罪を裁かれることとなった。舞台となるのはミリオポリス第22区にある国連都市。アゲハ・ツバメ・ヒビナ――羽を持つ3人の少女達に下された命令は、その法廷に立つ予定の被告人と7人の証言者達の命を守ることだった。だが、悪意に満ちた者達と、憎しみに満ちた者達の手によって、法の場は未曾有の嵐に襲われることに……

うっは。
ヒビナの言葉を借りれば「すんげードキドキするっしょ――ッ!」的なアレですよ。とにかくもう、彼女たちの戦いにも結末が見え始めたからか、これでもかと押し寄せてくる戦闘・戦闘・大戦闘がすごい。素直にすごい。息つく暇もないというか、ページをめくる指先がもどかしいというか、このシリーズを読み始めて以来最高の出来でした。

オイレンも面白かったんだけど、僕的にはやはりこちらの方が好きなのかなと。特に今回は、証人達とアゲハ達の『世界統一ゲーム』のシーン、手始めにあそこで見事に引き込まれてしまいました。絶対に上手くいきそうもない途中経過が、見事に穏やかな収束へと向かっていく様が読んでいて気持ちいいんですよね。世界の情勢を左右するのは、なにも国力とか戦力とか、そういうのじゃなくて、結局はどれだけその流れに関わろうとしたかが重要なんだということを暗示しているようで楽しめました。

そしてハロルド。
とにかく1にハロルド、2にハロルド、3・4がなくて5にレイバース捜査官ってぐらいに彼に萌えました。ここまで男萌えさせられるキャラもなかなかいません。彼のとる行動の一つ一つが、彼の話す言葉の一つ一つが、重い。一生に一回ぐらいはそんな台詞言ってみたいなーなんてレベルじゃなくて、うおおぉぉッ!俺もFBI入りますーッ!てなぐらいに惚れてしまいました。よし、僕も明日からは嫌な同僚にもミスターを付けて呼ぶことにしよう。

今回は、今まで負ってきた数々の傷を癒すための中編的作品が最初に挿入され、本編はその後始まるという構成。かなーり分厚いんですけど、読み始めたらあっという間でした。オイレンシュピーゲル肆の方と密接にリンクしているので、そこのところの繋がりも楽しめるかなと。特に涼月……ちょーかっこいいです。MSS&MPBの6人の少女達に痺れっぱなしです。あとハロルド・レイバース氏にもね。次のエピソードで彼女たちの話は完結するようなので、ちょっと寂しい気分に。
posted by: よしきち | ライトノベル感想 | 22:23 | comments(0) | trackbacks(1) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 22:23 | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
トラックバック機能は終了しました。
 
2008/05/27 10:21 PM
Posted by: たかいわ勇樹の徒然なる日記
冲方丁 オイレンシュピーゲル肆 Wag The Dog
 先月末からの積み本との闘いは、ようやく残り読みかけ2冊までたどり着きました。でも既にドラゴンマガジンの最新号や文庫の新刊が出てるし、月末にはキャラの!の最新号とこれまた文庫の新刊で、積み本との闘いはまだまだ終わりそうにありません。とりあえず、金曜