<< アニメ感想を一時休止 | main | ちょっとヒマができた >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

あの日の背中に… 『世界平和は一家団欒のあとに4』

世界平和は一家団欒のあとに 4 (4) (電撃文庫 は 9-4)
世界平和は一家団欒のあとに 4 (4) (電撃文庫 は 9-4)
橋本 和也
JUGEMテーマ:読書

ある朝起きたら、彩姉ぇがどういうわけだか小さくなっていた。なにやら魔力によるものらしいのだが、魔法の力を信じ切っている母さんは事態をノンキに喜ぶばかりだ。確かにいつもクールに決めている彩姉ぇと比べるとこれは可愛い、可愛いのだが、このままでいいのだろうか。原因を探っていくうちに、事態は姉さんの過去の出来事へと繋がっていって……

世界の平和維持を押し付けられた星弓一家の物語。作者は第13回電撃小説大賞〈金賞〉を受賞した橋本和也先生。本作品はその受賞作の第4作目にあたる。

謳い文句に偽りなし。まずは彩美姉さんの可愛さに身もだえしました。彼女の出番はいつ来るのだろうかと以前書いていたわけですけど、まさにこの展開は範疇外。クールビューティーな彼女の活躍を想像していただけに、完全にぶちかまされてしまいました。いやほんと可愛いなぁ彩姉ぇ。

今回のテーマは姉弟愛ということで、彼女と軋人が中心の話となっているわけですが、その会話の内容が微笑ましいことこの上ない。本当にこの作者さんはそこのところが上手いんだろうなと思う次第で。どうしようもないほど不器用な姉と、そんな姉を愛してやまない弟の物語が、もうね、もろにストライクなんですよ。それと同時並行で進んでいく過去の物語も興味を引き付けるんですが、それ以上に見せてくれます、美しい姉弟愛ってやつを。

前回あれだけ頑張っていたお父さんが、今回はあまりにも小さい扱いなのには同情を覚えますけど、まぁ、それはそれとして。毎回毎回、心を熱くしてくれる展開と結末。4度目のラストは、それに加えて読んでいるこっちがこっぱずかしくなるほどの告白が待ち受けていました。あれには南ちゃんだってびっくりです。いやぁ、ハッピーエンドって――本当に素晴らしいですね!
posted by: よしきち | ライトノベル感想 | 14:47 | comments(0) | trackbacks(1) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 14:47 | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
トラックバック機能は終了しました。
 
2008/04/14 12:08 AM
Posted by: Alles ist im Wandel
世界平和は一家団欒のあとに(4)
世界平和は一家団欒のあとに 4 (4) (電撃文庫 は 9-4)橋本 和也 アスキー・メディアワークス 2008-04売り上げランキング : 330Amazonで詳しく見る by G-Tools 世の大勢が「まずとらドラ!」だとしても柚島好きーな俺はまずこちらなのですよ。 彩姉ぇがめがっさ可愛い