<< 『狼と香辛料』第13話 | main | 『バンブーブレード』第26話 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

失われた場所へ。『モーフィアスの教室 2』

JUGEMテーマ:読書

和葉からのメールが途絶えてもう10日になる。学校でのイジメが原因で不登校になってしまった妹は、今頃、祖父の家に預けられて新しい学校生活を始めているはずだった。年を重ねるごとに疎遠になりがちだった兄妹の絆は、この出来事のお陰で大分回復したような気がする。だからメールも毎日欠かさずやり取りをしていたのだ。それだというのに、突然の音信不通。母は昨日も電話で話したから大丈夫だと言うが、何故かその様子はどこか不自然で……

現実世界へ生まれ出でるために人の魂を喰らう化け物「夢神」。その唯一の対抗手段である黒い鍵、モーフィアスを手に戦う少年少女の姿を描く。作者は三上延先生。レーベルは電撃文庫。

なぜこの人の作品は面白いのだろうかと考えてみる。失礼ではあるけど、文体にそれほど特徴があるわけでもないし、人の目を惹くような強烈なキャラクターというのも登場しない。話の展開もやや地味で、超展開とは無縁の手堅さだ。だと言うのに、面白い。いや、書いててホント失礼だなこの文章。でもまぁ、人にもよるんでしょうかね、好き嫌いが別れるところなのかなと。僕は好きなんですよね、この人の創り出すお話が。

やっぱりストーリーなのかな。曖昧な描写はないし、さり気なくちりばめられた伏線が回収されていく様子は読んでいて気持ち良い。キャラクターも等身大に描かれていて、鮮烈な印象はないものの、その分だけ親近感を抱くことが出来るんですよね。特に、綾乃がお気に入り。かなりのツンデレなんだけど、自身がそれを理解していない辺りがまた良いんだわ。頼りない主人公とセットで楽しめます。そして、第一作ではさほど前に出てこなかった直人の妹、「ロボ子」こと水穂の存在感もぐーんと急上昇。彼女の言葉は一言一言が重いから楽しいんです。ただ、今回の結末はややきつめかな。作品全体の爽やかな雰囲気に護られてか、不思議と後味の悪さは感じないのが唯一の救いなんですが、よくよく考えてみると壮絶なストーリーだったんじゃないかと。……やや、今回も十分楽しめました。次巻も買いですよ、これは。
posted by: よしきち | ライトノベル感想 | 20:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 20:20 | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://yoshikiti.jugem.jp/trackback/269