<< SUKIYAKIとコカコーラ | main | イタチっ娘、はじめました。『ほうかご百物語』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

『劇場版 空の境界』第3章 痛覚残留

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

朝の7時半にはテアトルに到着していたというのに、もう長蛇の列ができあがっていました。休日ということもあったんだろうけど、これは8時を過ぎた辺りで来ていたら、立ち見か、或いは入場することすら出来なかったかも。ちなみに前もって指定券が買える夜の部は既に完売。地方の人にとっては、この午前の上映が唯一の希望となりそう。
これが地方格差ってやつですか(泣)

そして映画の感想について。
一時間という枠にまとめるため結構原作のあちこちを削っているんだけど、それが全体的に少量の範囲に収めているお陰か、あまり違和感は感じませんでした。もちろん、原作を読んでいるという前提付きですが。ただ、原作の式と藤乃のバトルシーンをそのまま映像化すると、思ったほど盛り上がらないかなという気も少々。まあ、その後の藤乃の健気さは十分伝わってきたので、作品的には成功だとは思います。結構娯楽色が強いこともあって、全体的に楽しく観ることが出来ました。ただし、それまで以上にバイオレンスな場面が増えているので、女性の方や少々気の弱い人は注意が必要かも。

……とにかく理屈はいい。能登麻美子さんの「凶がれ」を聴くんだ。
posted by: よしきち | アニメ感想 | 14:14 | comments(0) | trackbacks(1) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 14:14 | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
トラックバック機能は終了しました。
 
2008/07/24 12:45 PM
Posted by: 荒野の出来事
空の境界 第三章 痛覚残留  感想
 空の境界   第三章 痛覚残留 感想  劇場版「空の境界」 痛覚残留 【完全生産限定版】(2008/07/23)坂本真綾鈴村健一商品詳細を見る空の...