<< 『狼と香辛料』第5話 | main | そして愛が残された。『MAMA』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

Sir,Yes Sir!『サージャント・グリズリー』

JUGEMテーマ:読書

友達いない、彼女いない、オマケにお金もない。そんな不幸の塊のような主人公、玖留玖準のクラスに灰色熊のヌイグルミを被った軍人が転校してきた。しかし、クラスメイト達にはその姿がクールビューティーな美少女として映っているらしく、軍服姿にも、銃を所持している事にも突っ込もうとしないのだ。彼女の名前はグリズリー・軍曹。ちなみに姓がグリズリー、名が軍曹だという。何故か強引に友達にされてしまった準は、彼女の野太い声と、筋骨隆々なバディに悩ませられながらも、次々と降りかかってくる災難に立ち向かって……いや、振り回されていくのだが……。

カワイソ過ぎる主人公に涙を隠せない、シュールでカオスな第9回えんため大賞特別賞受賞作品。作者は本作がデビュー作となる彩峰優さん。レーベルはファミ通文庫。

ここまで不幸な主人公も珍しいのではないかと。いや、ことあるごとに撲殺されちゃう人とか、異世界に飛ばされて奴隷にされちゃう人とか、他にも不幸そうな主人公を挙げればきりがないんだけど、彼らには結局最後には何だかんだ好意を寄せてくれる女の子が沢山いるわけでして。それに比べたら、この準という主人公が受ける非道な仕打ちは読んでいて涙が止まりません。影が薄いが故に、正統派ヒロインっぽい子からは名前を覚えてもらえず、ツンデレっぽい子からもツンばっかりで全くデレをもらえず。しかも、真打ちヒロインはどう見ても野太い声の中年マッチョ男。これを不幸と呼ばずして何が不幸かって感じです。

しかし、その展開は読んでいて全く飽きませんでした。なんと言えばいいのやら、そう、例えるならアメとムチの、限りなくアメの比率が少ないムチムチ展開のような……ワケ分からん。とにかくこれは、考えたら負けなんだと割り切れれば、かなり楽しめます。新人さんということで描写や構成に幼さはあるものの、展開とキャラクターの力強さに引き込まれてしまいました。これは次回作に期待です。

蛇足ですが、声優の若本規夫さんがグリズリー軍曹を演じているんだと想像しながら読んでいたら、いつの間にかこれはこれでイイ……ハート、と思えてきました。本当にどうでもいいことですね。
posted by: よしきち | ライトノベル感想 | 15:46 | comments(0) | trackbacks(4) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 15:46 | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
トラックバック機能は終了しました。
 
2008/02/09 7:55 PM
Posted by: ラノベなPSP
どこが特別?【サージャントグリズリー】
     [http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/22/3f/blacktomcat1927/folder/1031914/img_1031914_39953460_0?1202267503.png] [http://www.amazon.co.jp/gp/product/4757739834?ie=UTF8&tag=ranaps-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4757739
2008/02/09 9:39 PM
Posted by: しばいてぃてぃ
[ラノベ]サージャント・グリズリー[彩峰優]
サージャント・グリズリーの感想です。
2008/02/10 8:40 PM
Posted by: 新・たこの感想文
(書評)サージャント・グリズリー
著者:彩峰優 サージャント・グリズリー (ファミ通文庫 あ 10-1-1)(2008/01/30)彩峰優商品詳細を見る いじめられっ子の高校生・玖流玖準。そんな...
2008/02/13 12:06 AM
Posted by: 本を読みながら日記をつけるBlog
サージャント・グリズリー 彩峰優
アイデアは秀逸。でも調理しきれず。