<< 『バンブーブレード』第14話 | main | 『迷子の時間 体験版』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

『平坂〜prologue〜 体験版』

平坂〜prologue〜 体験版ver.0.4
制作:Sprout!
ジャンル:ビジュアルノベル
購入:コミックマーケット73

両親の突然の死から10年。それまで妹と共に知人女性の元へ身を寄せていた立花絖は、進学を機会に住み慣れていた場所を離れ、単身で平坂という町に引っ越してきていた。そこは海と山に囲まれた美しい土地で、どうやら街中に広大な神社を許容できるほど長い歴史を持つ町なのだという。彼はそこで一人の少女と巡り会った。平坂に古くから存在するという旧家の娘、淵見恵奈。彼女と親しくなった絖は、同じく旧家の娘である彩、悪友の武田と共に楽しい毎日を重ねていく……。

まずはオープニングの演出にビックリ。ああ、同人レベルでもこれほどのものが作れるのか……と思わず。いやまぁ、OPムービーを制作するところだってあるんだから、今さらその手法自体が新しいって訳でもないかもしれないけど、ここまで人の視聴覚を惹きつける演出はやはり特筆するべきだろうと。

そして、ここから先は個人の問題。実はオープニングがあまりにも凝っていると、これから始まる物語に対して硬く身構えてしまうクセのようなものが僕にはあるわけです。冒頭から、気合いの入った難解用語がポンポン飛び出す取っつきにくいストーリーが展開するんじゃないか……とか、或いは、OPだけで後の物語は全然出来ていない作品なんじゃないか……とか、そういったマイナス思考に陥ってしまうんです。

だけど、本作はそんな雰囲気をまるで感じさせず、ゆったりと主人公達の出会いと日常のエピソードを紡いでいく。しかも、その描き方がオーソドックスで何とも心地良いい!特にヤマ場らしいヤマ場を迎えることなく3時間半ほどでゲームは終了してしまうんですが、お陰で飽きることなく最後までプレイすることが出来ました。適度にユーモアを交えながら物語をじっくり描いていく手法と、立ち絵・一枚絵を使った細やかな演出。そのどちらにも好感が持てる作品です。話の方向性が見える前に終わってしまうため、若干不安要素は残るものの、完成に期待が持てる作品じゃないかと。
posted by: よしきち | 同人ゲーム感想 | 20:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 20:38 | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
トラックバック機能は終了しました。