<< 『やっぴぃ/アウトサイダー テキスト版・後編』 | main | コミケから帰還!! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

『BLUE DROP〜天使達の戯曲〜』第13話

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

成る程これがやりたかったのか!……と思わず納得。せめて、あの劇が終わるまでは町を護ろうと孤軍奮闘し、傷ついていく戦艦ブルー。しかし、それも虚しく敵の侵攻は押し寄せてくる。最後に萩乃様は皆に別れを告げ、負けると分かっている戦闘空域へと上がっていくが、そんな決意を固めた彼女に対し、見送る人々の姿はあまりにも少ない。しかし、そんな中で一人の少女が岸壁へと現れた。若竹マリ、千光寺萩乃が唯一愛した女性だ。彼女の声にならない声を背中に発進していく戦艦ブルー……って、これってどっからどう見ても戦争映画だ!激しく「男たちの大和」が思い浮かぶ。或いは「宇宙戦艦ヤマト」でもいいけど、結末を鑑みるとやっぱり日本の戦争映画のテイストというのがしっくりくるなぁ。

正直言ってこういうのによしきちはすんごく弱い。ちっちゃい頃にテレビで観た「連合艦隊」という映画なんて、ボロ泣きだった。滅びの美学とでもいうのか、こういったストーリーを好むのは日本人の特徴らしい。ヨーロッパでは今ひとつ流行らなかった「フランダースの犬」が、日本でのみ歓迎されたのもそこら辺に原因があるのでは?という記事もどこかの新聞で読んだような気がするし。

アニメのストーリーとしてはなぁ……と感じる部分もあるけど、これはこれでいいんじゃないかなぁとも思わせてくれる作品でした。艦対艦の戦闘シーンは圧巻だし、良く描けていたと思う。ただ、ツバエルとアザナエルがラストで会話を交わすシーンには幾分か救われたけど、結局マリはどうなってしまったんでしょうか?萩乃様の安否も今ひとつ不明なところがあるし。まぁ、そこは視聴者のご想像にお任せしますといったところでしょうか。何にせよ、この異色の作品を作り上げたスタッフの皆さんには感謝したい。
posted by: よしきち | アニメ感想 | 04:09 | comments(0) | trackbacks(12) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 04:09 | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
トラックバック機能は終了しました。
 
2007/12/29 9:40 AM
Posted by: SeRa@らくblog
BLUE DROP 〜天使達の戯曲〜 第13話 「Rosmarinus」
開始された異星人の総攻撃。 海鳳祭で戯曲『オルレアンの少女』が開幕…。 舞台が終わるまでは、ツバエルは一人BLUEで応戦に出るが――。 終わりを告げる世界… 未来に種を...
2007/12/29 11:56 AM
Posted by: 幻影現実 私的工廠 ブログ
BLUE DROP 〜天使達の戯曲〜 。。。。 第13話 Rosmarinus
 DDG-172 護衛艦 しまかぜ 『 しまかぜ、あやなみ、共に轟沈 』
2007/12/29 1:28 PM
Posted by: 恋華(れんか)
BLUE DROP 〜天使達の戯曲〜 第13話(最終話)「Rosmarinus」
BLUE DROP 〜天使達の戯曲〜 第13話(最終話)「Rosmarinus」
2007/12/29 6:06 PM
Posted by: まごプログレッシブ:Part2〜Scenes From A Memory〜
BLUE DROP 〜天使達の戯曲〜 第13話 「Rosmarinus」 (終)観賞〜^^
百合SF/(^O^)\オワタ 最終話を観賞しました〜^^
2007/12/29 7:01 PM
Posted by: ACGギリギリ雑記
【アニメ感想】BLUE DROP 〜天使達の戯曲〜 第13話【最終回】
「Rosmarinus」 【ローズマリー】。学名“Rosmarinus”はラテン語で「海の露」。 永遠に変わらない愛・・・とネタ(ぇ そして、地球侵略までのプロセスを描いてきたアニメも、ついに最...
2007/12/29 9:43 PM
Posted by: アニメレビューCrossChannel.jp
BLUE DROP 〜天使達の戯曲〜 第13話「Rosmarinus」(最終話)
異星人(アルメ)の地球侵略の下で繰り広げられる少女たちのドラマも最終回。 学園祭の打ち上げ花火とBLUEの対空砲火に象徴し、学園祭のとアルメ侵攻が同時に侵攻してゆく。 シバリエルの艦隊4艦に対抗するBLUE単艦はツバエルが迎撃に奮闘中。エカリル(萩乃)に感化
2007/12/30 7:10 AM
Posted by: 此方彼方其方-コナタカナタソナタ-
■BLUE DROP - 天使達の戯曲【#13】Rosmarinus -ウミノシズク-
BLUE DROP#13の視聴感想です。 侵攻。 撃破。 戯曲。 限界。 未来。 幕はまだ上がったばかり… ↑さぁポチッとな
2007/12/30 4:26 PM
Posted by: ラピスラズリに願いを
BLUE DROP〜天使達の戯曲〜 #13(最終話)「Rosmarinus」
頬染めアニメもこれでおしまいw 萩乃最後の聖戦へ。それは即ちマリとの・・・ ではブルードロップ最終回感想です。 BLUE DROP~天使達の戯曲~ Vol.1(2007/12/26)矢島晶子.沢城みゆき.後藤邑...
2007/12/30 10:02 PM
Posted by: 日々の記録 on fc2
BLUE DROP #13
学園祭当日、マリや萩乃は何とかお芝居を演じようとしますが、そんな想いとは関係なしにシバリエルの指揮する艦隊の攻撃が始まってしまうのでした。これまで異星人からの侵略を受けな...
2007/12/31 12:33 PM
Posted by: ルナティック・ムーン
Blue Drop 第13話
[異星人による武力侵攻が始まる。圧倒的な科学力の差の前に、なす術もない地球側。萩乃の演劇の邪魔はさせまいと、必死で戦うブルーとツバエルだったが、2〜4番艦を沈めたところ...
2007/12/31 10:59 PM
Posted by: 神奈川辺境交通(かなへん)
BLUE DROP -天使達の戯曲-  第13話   「Rosmarinus」
WTV放送回でチェックしました。
2008/09/23 2:39 PM
Posted by: -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。