<< うかばれないものがやって来た! | main | わたしはただ、悪の敵になりたいだけなんだ。『終末症候群 Terminal Syndrome【体験版】』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

夜の世界には正義が足りないッ!『モノケロスの魔杖は穿つ』


モノケロスの魔杖は穿つ
モノケロスの魔杖は穿つ
伊都 工平

お人好しの高校生立木ヒロは、隣のクラスの美少女麻奈が見知らぬ男に襲われているところを目撃してしまう。当然のことながら彼女を救おうと行動するヒロだったが、実は彼女は魔法使いだったのだ!←しかもプチ性格破綻者。不可解な現象――「魔法」が飛び交う戦いに巻き込まれてしまった少年は、少しずつこの世界の隠された「ひみつ」に気が付いていき……

伊都工平先生の久々の新作。
冒頭のシーンはラーゼフォンの世界観を思わせるところがあり、展開も涼宮ハルヒ的な部分があってやや流行に乗った感が否めなくもない。

だが、登場キャラクターの味付けは良くできており、一人一人が喋る決め台詞はまさに伊都節と言っても過言ではないぐらいカッコイイ。すんごくしびれる。
しかもなんといっても伊都先生の醍醐味は、ラストにやってくる絶望的な戦いである。もちろん本作でもそれは健在で、細かな描写の入り交じるアクションバトルは好みの別れるところかも知れないが、よしきち的に大ヒット。今後の展開がとても気になる作品となった。
posted by: よしきち | ライトノベル感想 | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 22:33 | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
トラックバック機能は終了しました。