<< 『BLUE DROP〜天使達の戯曲〜』第10話 | main | 『バンブーブレード』第11話 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

『劇場版 空の境界』第1章 俯瞰風景

空の境界 上 (1) (講談社文庫 な 71-1)
空の境界 上 (1) (講談社文庫 な 71-1)
奈須 きのこ
JUGEMテーマ:漫画/アニメ

原作読んでから来てね、的な内容でした。
いや、悪い意味ではなくて。

この作品は、映像化するにあたってはそうあるべきなんじゃないかなぁと思うんです。僕が原作を読んだのはおおよそ3年ほど前。今回はそれを読み返すことなく劇場へと足を運んだわけですが、内容的には覚えているところと、忘れていたところと、あと新しく付け加えられているところが少々。

鑑賞中は、原作を知っている人間に対してすら少し説明不足なところがあるんじゃないかなとも思ったんですが、原作をあとでパラパラと読み返してみたら、実は作中の荒削りな部分がかなり映画では整理整頓されていることに気付かされました。これを改善と呼ぶか、改悪と呼ぶかは人それぞれかも知れませんが、よしきち的にはかなり感心してしまいました。そもそもこの小説を映像化するということは、その辺を切り捨てていかなければいけなかったということなのでしょう。制作を担当したユーフォーテーブルは過去の作品のこともあって、脚本に少々不安を感じていたんですが、1章を観た限りでは杞憂に終わってくれたようです。

そして、劇中のクオリティに関しても問題なし。映画と呼ぶにふさわしいものでした。特に、ラストの式が戦闘をこなすシーンなどは原作をより昇華させていて圧巻です。声優さんの配役に関しても違和感は無し。ただ、この作品の登場人物はみんなトーンが低いので女性の声を聞き分けるのに少々苦労してしまいました。特に、式と燈子の声が被るシーンなんかは分かりづらい。だけども、それら全ての要素が上手く組み合わさって、奈須きのこ先生の独特な世界観が上手く再現されていたんじゃないかと。これは第2章も期待できそうですよ。

* * *

ただ、人気があるだけに入場に関してはかなりシビアでした。当日観に行こうと思ったら立ち見を覚悟しなくてはならないでしょう。レイトショーだし、地方の人間にとってはかなり厳しかったですよ……。
posted by: よしきち | アニメ感想 | 09:09 | comments(4) | trackbacks(1) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 09:09 | - | - | - |
コメント
 
2007/12/16 11:27 PM
Posted by: ザコオタ
原作そのまんまなだけで「良脚本」。
型月厨の面目躍如ですネ!
2007/12/17 12:07 AM
Posted by: よしきち
うーん、そのまんまというわけでもなかったような気が。脚本自体は、原作をよく理解した上で、映画用にうまく書き起こされていたと思います。

ザコオタさんは映画を観に行った人ですか?
もしもそうなら、正確な感想を書いた方が他の人に貴方の意見が伝わりやすいと思いますよ。
2007/12/18 12:36 AM
Posted by: sera
TBありがとうございますッ!

脚本は私も上手く纏めたと思いますねぇ。分かりづらい箇所はありつつも整頓されてて、切る所はバッサリ切るという大胆さもあったと思います。

大画面で見るアニメはいつ見ても素晴らしいのですが、個人的には映画というよりも、上映会って感じはしてしまいましたね。

立ち見は確かに厳しいですよね。劇場の許容量が少ないですし。
そんなわけで次回以降は皆さん学習してきそうだから激しく混みそうな予感が(笑)
2007/12/18 6:11 AM
Posted by: よしきち
>sera様

不躾なTBにも拘わらず、しっかりと応えていただいてありがとうございます。


>大画面で見るアニメはいつ見ても素晴らしいのですが

そうですねぇ、確かに実写と違って現実感に乏しい辺り、そう思わせる部分はあるかもしれません。上映会という表現は上手い!


>次回以降は皆さん学習してきそうだから

私も他の人の斜め上を行くような対策を講じて、次回こそは落ち着いた環境で鑑賞できるようにしたいものです。ああ、地方というハンデが……(泣)









トラックバック
 
トラックバック機能は終了しました。
 
2007/12/18 12:36 AM
Posted by: 天使は瞳を閉じて
劇場版 空の境界 第一章「俯瞰風景」
劇場版「空の境界」第一幕の感想。ネタバレ注意です。