<< 『BLUE DROP〜天使達の戯曲〜』第6話 | main | 『バンブーブレード』第7話 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

無くしたモノをもう一度。『さよならピアノソナタ』

さよならピアノソナタ (電撃文庫 す 9-6)
さよならピアノソナタ (電撃文庫 す 9-6)
杉井 光
JUGEMテーマ:読書

あの「世界の果ての百貨店」で出会った少女と、もう一度再会した。頑なに誰も寄せ付けようとしない彼女は、有名な天才ピアニスト。関わらないように努めていたのだけれども、彼女が自らこちらのテリトリーを犯してきたことで話はややこしい方向へ。一緒にロックをやろうと迫る元体育会系の幼なじみ、そして、革命とロックに生きることを旨とする天才軍師系の先輩までもが絡んできて、いつの間にか気がつけば天才ピアニストとエレキギター勝負をする羽目に。でも、なんでピアノを弾かないのだろうか。転校初日に話していた、「六月になったら、私は消えるから」という彼女の言葉が気になって……。

未来の見えない少年と、未来の見えてしまった少女が織りなす、旋律に満ちあふれたボーイ・ミーツ・ガール・ストーリー。作者は「神様のメモ帳」等で知られる杉井光先生、レーベルは電撃文庫。

いやぁ……冒頭から始まる美しいドラマに思わず見とれてしまいました。何度も繰り返し読んできたような始まりなんだけれど、やっぱり美しいものは美しいとしか言いようがないんですよねぇ。これから二人はどうなるの?みたいな期待感にどうしても胸が膨らんでしまって。しかも、この人の作風は「神様のメモ帳」から感じていたんだけど、音楽というものが重要なファクターになっていて、事実、この作品では所狭しと音楽関連の話題や用語が登場するんですよね。普通、ロックやポップな音楽から縁遠いよしきちみたいな人間が、これだけ理解不能な単語並べ立てられたら閉口しそうなものですけど、それが全くなかった。主人公の口から直接語られていたからなのか、それとも上手く物語と融合していたのか。うん、多分そのどっちもだと思うんですが、とにかくそれが心地良い。文字と音楽が織りなす美しい描写に素直に感動してしまいましたよ。

あと、一見するとハーレム状態な夢作品なんだけれど、それが一筋縄ではいかないという展開も面白いですね。確かにライトノベル向けの味付けされたキャラクター達なんだけども、ちゃんと肝心な所では大人は大人らしく、未成年は未成年らしく行動している辺りがハッとさせられます。あ、神楽坂先輩は別格ですよ?

そして、架空の話だと高を括っているところへ現れる、現実味溢れる描写。例えば何気ない市役所であったり、ゴミ処理施設であったり、違法な回収業者であったりと。「神様のメモ帳」でも使っていた手法なんだけども、ウソにリアルを混ぜるやり方が杉井先生は本当に上手いんですよね。それは登場人物たちも同じで、「世界の果ての百貨店」を目指した少年少女と、その二人の父親は、ある意味で本当に理想的な人達だったんだなぁと思います。主人公達ほど盲目に熱くもなれず、かといって父親ズみたいに大人になりきれていない身としては嫉妬してしまうほどに。

ただ、ラストの終わり方に関して言えば、ちょっと物足りなかったかなぁ……とも。盛り上がりが良かっただけに、突然プッツリ切れてしまったような感じが否めないんですよね。続編が確実に出るんだったら良いんですが。……と言うわけで、よしきちは民族音楽研究部の活躍する姿を希望します。
posted by: よしきち | ライトノベル感想 | 19:37 | comments(0) | trackbacks(4) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 19:37 | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
トラックバック機能は終了しました。
 
2007/11/11 9:56 PM
Posted by: 狭間の広場
さよならピアノソナタ/杉井光
杉井 光 さよならピアノソナタ (電撃文庫 す) 【おかしくてすこしせつない、恋と革命と音楽の物語。 「……六月になったら、わたしは消えるから」  転校生にしてピアノの天才少女、真冬はそう言い放った。  彼女は人を寄せつけず、なぜかピアノも弾かず
2007/11/11 10:12 PM
Posted by: ラノベなPSP
神様のメモ帳譲りの熱いテイスト【さよならピアノソナタ】
     [http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/22/3f/blacktomcat1927/folder/1031914/img_1031914_38020729_0?1194723342.png] [http://www.amazon.co.jp/gp/product/484024071X?ie=UTF8&tag=ranaps-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4840240
2007/11/13 12:08 AM
Posted by: ちょいヲタ?バスタア日記
さよならピアノソナタ[杉井 光]
さよならピアノソナタ (電撃文庫 す 9-6)posted with amazlet on 07.11.12杉井 光 メディアワークス (2007/11) 売り上げランキング: 492 Amazon.co.jp で詳細を見る ピアノと表紙に惹かれて購入。 「ば...
2007/11/13 11:33 PM
Posted by: 彩彩華美
さよならピアノソナタ
[[attached(1,center)]] 電撃文庫発行    著/杉井 光    イラスト/植田 亮 {{{ おかしくてすこしせつない、恋と革命と音楽の物語。 「……六月になったら、わたしは消えるから」  転校生にしてピアノの天才少女、真冬はそう言い放った。彼女は人を