<< 『ひぐらしのなく頃に解』第12話 | main | 『バンブーブレード』第1話 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

明日に向かって撃て!『ガン×スクール=パラダイス!』

ガン×スクール=パラダイス! (集英社スーパーダッシュ文庫 ほ 2-1)
ガン×スクール=パラダイス! (集英社スーパーダッシュ文庫 ほ 2-1)
穂邑 正裕

幼なじみの美久が突然学校を辞めると言い出した。理由を聞こうにも、突然始まってしまった学校のイベントのお陰でそれどころではない。実銃そっくりのモデルガンでサバイバルゲーム――今まで外部に知られることの無かった本校の伝統行事らしいのだ。
「勝てば校則を一つだけ決めることができる」
それが、このゲームの勝者に与えられる権利。生徒達が次々と争いに身を投じていくなかで、美久を引き止める方法を考えてみた。そうだ、学校を面白くすれば、美久が学校を辞める事を考え直すかも知れない。そんなわけで藤山晃太は立ち上がる。このゲームに勝って、彼女のための楽園を作るために――

気になるあの子のために高校生が銃を持って大暴れなスラップスティック・ラブコメディ。本作は第6回スーパーダッシュ小説新人賞の「佳作」受賞作、作者は穂邑正裕さん。

あ、あほらしぃぃぃぃぃっ!
……でもステキ。
思わずそう叫んでしまいそうな快作でした。無口でちょっと凶暴な幼なじみのために、銃(注:モデルガンです)を手にとって学校を駆け回る主人公にベタ惚れです。随所に織り込まれたギャグも、人それぞれ好みはあるでしょうがよしきち的に大ヒット。夜勤の合間に読んでいたので、笑いを堪えるのに必死でした。

中でも特筆したいのが、登場人物達の個性。もう、一人たりとも個性の薄い人がいないんですよね。コマンドサンボを使いこなす「幼なじみ」、ラテンのノリで周囲をドン引きの嵐に巻き込む「元先輩・いま同級生」、バット片手に任侠道を突っ走る「公認番長」、悲運のバカ殿様「生徒会長」、そして暴走特急の「主人公」。中でも一際異彩を放つのが、ショットガンで容赦なく生徒を吹き飛ばす「学ラン教師カワダ」と、恐らく本作一の狂気を見せつけてくれる「ターミネーター綾峰」。2人の活躍にはただただ笑うしかありませんでした。ああ、いつか自分も言ってみたい、「自分、不器用ですから」と。

まあ、ギャグばかり強調してしまいましたが、そんな乱戦の中でもしっかりと少年少女の恋模様が描かれていたのが嬉しいところです。ガンスターと呼ばれる学校公認のサバイバルゲームに関しては、やや(というかかなり)設定に無理があるような気もするのですが、そんなことが気にならなくなるぐらいに楽しませて貰いました。まだ主人公達の年齢設定にも余裕があるので、続編にも期待したいところです。
posted by: よしきち | ライトノベル感想 | 14:38 | comments(0) | trackbacks(1) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 14:38 | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
トラックバック機能は終了しました。
 
2007/09/30 7:33 PM
Posted by: booklines.net
[穂邑正裕] ガン×スクール=パラダイス!
全校生徒強制参加のゲーム「ガンスター」が学園祭に合わせて開催される時。幼なじみである少女・美久から、衝撃の告白を受けた。なんと学校を辞めるというのだ。それもつまらないからという理由で。彼女の考えには、...