スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

『ナナコシ』

『ナナコシ』
制作:STEEL
ジャンル:ホラー・アドベンチャーノベル
購入:コミックマーケット75

祖父の遺言を受け、S県にある七越村へとやって来た透と従妹のほづみ。懐かしい想い出を満喫しようと、昔よく遊んだ友人達を探し始めるのだが……。

七越村という架空の地方を舞台にしたホラー物。プレイした限りではルートが3つあり、ヒロイン2人(うち一人はヒロインと呼ぶには微妙ですが)とのエンドが1つずつ、及び、物語の背景が分かるトゥルーエンドが1つとなっているようです。その他、なにげにバット(死亡?)エンドが多め。プレイ時間は1ルート辺り2時間半程度。共通ルートを除いた全ルートのプレイ時間は、約3時間半程度といったところでしょうか。

これもC73で体験版を購入して以来、完成が気になっていた作品の一つ。物語は全体的にポップなノリが強く、ホラー物といってもそれほどおどろおどろしいシーンなどはありませんでした。透と従妹のほづみとの会話がなかなか初々しくて好み。立ち絵も線がはっきりしていて上手いです。ただ、ホラー物としても恋愛物としても中途半端な部分が目立ち、物足りないと感じた大部分はそこに集約しそう。音楽などはなく、虫の鳴き声や、人のざわめきなど、生活音だけで作品世界を表現していた部分が結構印象的でした。
 

押してもらえると士気が微増します。
posted by: よしきち | 同人ゲーム感想 | 13:06 | comments(0) | trackbacks(1) | - |

『永久夢想』

『永久夢想(とわむそう)』
制作:Lag
ジャンル:オムニバスサウンドノベル
購入:コミックマーケット75

その一瞬はあたたかくて
その一瞬は夢のようで

そしてその一瞬は
永遠に続くと思っていた

上記の紹介文は制作者様サイトからの転載です。1話10分程度の掌編サウンドノベルを3編収録したオムニバス形式。春から夏にかけての季節を舞台に、ちょっぴり儚く切ない男女の恋模様が描かれています。ストーリーは選択肢無しの一本道。立ち絵・一枚絵などはありません。

僅か10分の内容なので‘何かを強く感じる’というのは難しいですが、それぞれの作品を読み終えた後には爽やかな読後感が残りました。ただ、最初の話は結末に突然すぎる部分があるので、もう少し伏線に工夫があればよかったなぁとも。個人的に一番好きだったのは3番目の夏祭りの話。打ち上げ花火の始終と恋とを絡めた儚い余韻が印象的でした。それぞれ決してハッピーエンドというわけではなく、また、驚きを生み出すような展開が待っているわけでもありませんが、ちょっとした気分転換などに良さそうです。
 

押してもらえると士気が微増します。
posted by: よしきち | 同人ゲーム感想 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

『トモシビはいつ消えるのか 体験版』

トモシビはいつ消えるのか 体験版
制作:アンチョビプリン
ジャンル:全年齢向けビジュアルノベルゲーム
購入:コミックマーケット75

その病は突発的な死を招く。絶対に、助からない。
1997年に世界中で大流行した「転死病」。人心を乱し、数多の患者を生み出したその奇病は、依然未解明のままだった。伝染性のないことだけは判明しており、政府によって設置されていた隔離地区は既に解体されたのだが、それでも『特別区』と呼ばれていたその地域には、未だ多くの患者達が留まり続けていた。


日本最大の隔離地区『旧横浜特別区』に、父親の命を受けて調査のため潜入することとなった青年の物語。前・後編として制作される予定で、この体験版には前編の半分までが収録されているとのことです。プレイ時間は約1時間半程度、本作終了時点では選択肢はありません。

謎の病、というガジェットに惹かれました。それがどのような病なのか曖昧なまま物語が始まるんですが、ある時点で症状が明らかになって、そこで初めて主人公の姿が確定するという下りの辺りが特に印象的。なんとも暗い世界観ですけど、登場人物達がそれほど悲観的でなく、明るく生きようとしているので、作品的にもバランスがとれているのかなと。フラワーショップが舞台というのもなかなか新鮮で楽しめました。タイトルも深みがあって良いなぁ。完成版に期待したいです。

2/27追記
制作サークルさんのサイトで体験版が公開されています。皆様ぜひぜひ!
 

押してもらえると士気が微増します。
posted by: よしきち | 同人ゲーム感想 | 19:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

『陰のの陽の少女 Spec1』

陰のの陽の少女 Spec1
制作:CORONA BIANCA
ジャンル:サウンドノベル
購入:コミックマーケット75

すこし未来の遠いところの物語


上記の紹介文はパーケージから転載させていただきました。舞台は滋賀県の山奥。主に、少々引っ込み思案な少女の視点を通して、何気ない日常の出来事が描かれていくという内容。選択肢は無し。プレイ時間は約2時間ほどでした。

連作物の第1作目という位置づけのようです。物語的には、主人公の少女を中心に日常生活が淡々と描かれていく構成で、特に劇的な出来事などは起こりませんが、逆にその何気ないシーンが新鮮で、ふと引き込まれるものがありました。あと、ドクター田西という女性が登場するのですが、自分のペースを決して崩さない、その知的な立ち振る舞いに好感を持ちました。彼女が主人公の前に現れる辺りから、物語が少しずつ魅力を帯びていくという感じでしょうか。

ただ、冒頭のシナリオと本編との関係が今ひとつ掴みにくかったり、状況を説明する地の文が分かりにくかったりと、読み手側にやや優しくない印象も同時に受けます。BGMがぶつ切りな部分があるのもちょっとなぁ……。とはいえ、他のキャラクター達も、主人公との接し方や、物事の考え方がとても自然で、素直に好感が持てます。まだストーリーの方向性が掴めるような出来事はないものの、これからの展開が気になりますね。というわけで、更に面白くなるかどうかは今後次第。制作者さんのサイトを見た限りでは、続編?の制作も始まっているようなので期待したいです。
 

押してもらえると士気が微増します。
posted by: よしきち | 同人ゲーム感想 | 01:04 | comments(0) | trackbacks(2) | - |

『島乃音 −シマノネ−』

島乃音 −シマノネ−
制作:ダイナマイトバンディッツ
ジャンル:ノスタルジーサウンドノベル
購入:コミックマーケット75

眞也島を知っていますか?
この島にはとってもお人好しで、底抜けに優しくて、ただただ、人の幸せだけを望んでいる神様がいるんです。

泣きました。とにかく、最初にそれだけは書いておきたかった。ちょっとホロリとさせられたとかそんなレベルじゃないです。涙もろさでは他の追随許さないという自負もあるんですけど、それを差し引いたってこれは……ちょっと不意打ちでした。

眞也島で生まれ育った過去を持つ青年が、数年ぶりに故郷の土を踏むところから始まる物語。体験版プレイ時の感想はこちら。完成版のプレイ時間は約3時間程度です。

主人公の境遇にある程度の共感を抱いたからなのかもしれません。
島ではないですけど、それに負けないぐらい私の田舎も過疎地でしたし、就職のために地元を離れた後、親しい人達に会えない寂しさを感じた時期もありました。この物語の軸となっている主人公の秀明と、3人の幼馴染みたちとの関係の行方は、体験版をプレイした時から気になっていたんですが、まさかあそこまできちんとした形で決着を付けてくれるとは。最初は単なるギャグ要員程度にしか認識していなかった不思議少女の正体と存在理由、そして、その想いの深さにも涙。終盤の辺りで何度か感情の波があったんですが、最後の最後で一気に押し切られてしまいした。涙腺決壊です。や、人によっては、年齢とか、今までの境遇とかで感想が全く異なるものになるかも知れませんが、少なくとも私はこの作品で涙を流せたことを嬉しく思えます。サークルさんの今後にも期待していきたいです。


押してもらえると士気が微増します。
posted by: よしきち | 同人ゲーム感想 | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

『来風館であいましょう〔平成版〕』

来風館であいましょう〔平成版〕ver0.7
制作:シハツエキ - SHIHATSU station
ジャンル:サウンドノベル
購入:コミックマーケット75

時間とは過ぎ去るものではなく、染みこむものなのだという。
だとすると、この建物には――来風館には一体どれほどの人々の想いが眠っているのだろうか。

風来館という古い建物を利用した喫茶店を舞台に、店のマスターと秘密を抱える少女、そして、大人になりきれない真っ直ぐな少年とが織りなす可笑しくも切ない群像劇。バージョン情報がver0.7となっているのは演出や立ち絵にまだ未実装の部分があるという意味でしょうか? 作品単体としては一応の区切りをつけて、続きは続編へ、という構成のようです。プレイ時間は約2時間半ほど。

作中に漂うロマンティックな雰囲気が何とも素晴らしい。今時ギャグにしかならないような浮いた台詞もこの物語の中では本来のあるべき姿を保っている感じでした。「時をかける少女」やジブリの「耳をすませば」のような、青春と少し不思議な要素とを組み合わせた作品が雰囲気的にかなり近いでしょうかね。

物語自体は特定の主人公の視点を定めずに、複数の人々の行動からストーリーが成り立っていく群像劇仕立てなんですが、この登場する人々というのが実に泥臭い。完全に性格が確立しているキャラではなく、時には余裕を浮かべたり、時には焦ったり、どこまでも青臭かったり、何を考えているのか分からなかったりと、読み手側の期待を裏切る面が少なからずあります。シナリオ全体的に見ても、どこか動機に欠けている部分があって、それが人を選びそうな感じかなと。でも、私的には大好きです。泥臭く割り切って描かれるからこそ聞こえてくる登場人物達の息づかいと、詳細に作り込まれた演出からはすごく高い志を感じる。まるで映画を見ているようだなぁと。ただ、物語が完結したわけではないので、他にもたくさん書きたいことはあるんですが、続きは物語の結末を待ってからということにします。期待度はかなり高いです。

押してもらえると士気が微増します。
posted by: よしきち | 同人ゲーム感想 | 11:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

『真心FLOWER 体験版』

真心フラワー 体験版ver1.0
制作:スコレー
ジャンル:ノベルゲーム・ゆったりミステリー
購入:コミックマーケット75

見てくれは悪いが家賃もそれなりというボロアパート、平唐荘。ここには頭に超がつくほど元気だったり、怪しかったり、のんびりだったり、寡黙だったり、サドだったり、一風変わった人達ばかりが住んでいた。悪友と共に引っ越してきた主人公は、すぐにこの可笑しくもゆったりとした環境に慣れていくのだが……。

全4章の内の最初の2章までを収録した体験版だそうです。立ち絵の作風は人を選びそうだなぁとも思いましたが、全体的に読みやすい文体で、最初から最後まで落ち着いてプレイすることが出来ました。およそ1時間ほどの分量。選択肢はありません。

最初から平唐荘の住人たちが次々と登場するんですが、主人公との絡みに不自然さがなく、それぞれの人物の個性の書き分け方もはっきりとしていて楽しめました。特に、主人公の同居人である流羽慈の底抜けにお馬鹿な生き様が好き。あと、小学生とは思えない罵倒ぶりを見せてくれるさっちゃんもお気に入りです。ミステリーと名の付く通り、途中から雰囲気が一転するんだけど、それでもどこか「ゆったり」とした空気が残されていて、それが最後まで安心して読めた要素の一つだったのかも。事件がどのように収束するのか、完成版に期待したいです。

押してもらえると士気が微増します。
posted by: よしきち | 同人ゲーム感想 | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

『千円ポッキリのネクロマンス』

千円ポッキリのネクロマンス(完成版)
制作:青色666号
ジャンル:ホラー・サウンドノベル
購入:コミックマーケット75

きっと嘘だ。ペテンだ。
絶対にそんなこと出来るはずがない。
そんな、死んだものを蘇らせるだなんて。

……それでも、私はあの女を頼ってしまったのだ。


死んだ命を僅かな金額で蘇らせてくれるという少女と、そんな彼女に自分の犬を蘇らせて欲しいと頼み込む少女の話。C73で体験版をプレイして以来、完成が気になっていた作品です。プレイ時間は約45分ほど。選択肢はありません。

個人的にこういう話は好きです。おどろおどろしくて、結局最後も良くない終わり方をするんだけど、でもどこか憎めない……というか、それほど悲愴にもならないカラッとした虚しさ、とでも表現したものでしょうか。丁度、ラストの六六六さんの背中を見て、古賀新一の「エコエコアザラク」を思い出しました。あの雰囲気(わかるかな?)です。良い意味で懐かしいので、連作短編のような形でもっと彼女の活躍が見てみたいなぁと。ところで六六六って名前、どうやって読めばいいんでしょうか?

押してもらえると士気が微増します。
posted by: よしきち | 同人ゲーム感想 | 03:07 | comments(2) | trackbacks(0) | - |

『ガレリア 体験版』

GALLERIA「ガレリア」 体験版
制作:HOROSCOPE
ジャンル:ミステリーADV(全年齢)
購入:コミックマーケット75

非現実から、現実へ。
複雑な事情で主人公は、齢16才にして初めて外の世界へと足を踏み出した。選択肢などない。自身の出生の秘密を知る女性の願いにより、彼は、桜華頂学院の生徒として、また、生徒の相談役たる「門番」としてこれから振る舞わねばならないのだ。だだし、「女」学生として。

いわく、この学院には二つの禁忌があるという。一つは、校舎の裏手に広がる竹林のこと。此処にはあの世とこの世を繋ぐ入り口のようなものがあるらしい。そしてもう一つは、黒田紗羅のこと。どうやら黒髪の美しい彼女は、実はおとぎ話の世界の住人なのだそうだ。

体験版ということでプレイ時間は二時間弱。序章、及び第一章を収録したもののようです。女学院を舞台としたミステリーADVとのこと。選択肢は今のところありません。

序章が強く惹きつけられるものがありました。先ずはインパクトの強い場面から。そして、徐々に事情を説明していき……という流れなんですが、この辺りの話の描き方がとても丁寧に淡々と語られているおかげで、混乱することなく素直に物語に入り込むことができました。ネタバレになるからあらすじには盛り込まなかったんですが、本当に彼、複雑なんです……。

物語に関しては、方向性が見えてくる前に終了してしまうので何とも言えませんが、少なくとも不安要素はない感じ。演出も丁寧で、立ち絵の細かい感情を示すアクションや、小道具のイラストなども組み合わされていて、全体的に雰囲気がまとまっている印象でした。主人公の思考や行動が、ちょっと年相応のものとは思えない部分もあるけど、その考え方は結構好き。次の夏コミで完成とのことなので、期待して待ちたいです。

押してもらえると士気が微増します。
posted by: よしきち | 同人ゲーム感想 | 18:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

『雨ではなく、雪でなく』

雨ではなく、雪でなく
制作:やまいぬワークス
ジャンル:全年齢向けデジタルノベル
購入:コミックマーケット74
いとこの深雪から電話がかかってきた。
「私、結婚するかもしれない、だから」
だから、何だ。
とりあえず落ち着け、俺。

クリスマスの夜を舞台にしたちょっぴり切ない恋のお話。
プレイ時間は20分ほどでした。

登場人物たちの年齢層が高いので、あまり若い人向けではないのかなと。冒頭部分で主人公の職場の風景が描かれているんですが、ここで共感できるかできないかによって物語に入り込める度合いが変わってきそうです。僕も、ええ、一応社会人の端くれではありますので、不覚にも切ない気分を味わうことになりましたよ、少しだけ。

物語のキーワードは、キャラメルの箱、でしょうかね。ハッピーエンドは結局その箱の中でしか観ることが出来ないという逆解釈。作中、酒の席で好きな劇団について語る深雪の姿が印象的でした。彼女の言葉が、後の結末を暗に示しているんですが、最後、主人公が受け取ったキャラメルの箱の中には一体なにが詰まっていたのかな、なんて考え方もあるんじゃないかなと。短いけど色々と考えさせてくれる作品でした。
posted by: よしきち | 同人ゲーム感想 | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - |