スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

無期限更新停止の方向で……

コミケで購入した同人ゲームをプレイしているのですが、仕事やサークル活動の関係でこまめに感想を書くことが難しいです。アニメ感想もラノベ感想もちょっと無理かな……という状況。というわけで、これ以上ブログを放っておくのも心苦しいので、思い切って無期限の更新停止にしようかと思います。や、べつに閲覧できなくするわけではなく、あくまでもこのまま、という感じで。

人はそれを「放置」と呼ぶのですが(汗)

過去に書いた同人サークルさんの記事なんかは、せめて宣伝になってもらえれば良いなぁと思います。もともと、何となく始めたブログですが、これまた何となく始めた同人ゲーム紹介は、記事を重ねるごとに本気度が上がっていきました。紹介したサークルさんからお礼の言葉をいただいたときの気持ちは今でも覚えています。本当に、これからも成長していってもらいたいジャンルなので、今後もネットの片隅でひっそりと支えていけたらいいなぁ……なんて。思い上がりもいいところかな。もちろん、アニメやライトノベルに関しても同様にです。

よしきち名義で、あるいは青八木景のペンネームで今後も活動していくつもりなので、まあ、見かけることがあったら生ぬるい視線で見守ってやってください。あるいは、声をかけてくださると尻尾を振って喜びます。いるかどうかもわかりませんが、このブログを見守ってくださっていた皆様、今まで本当にありがとうございました。最大の謝辞と懺悔の気持ちで、このブログを締めくくりたいと思います。

それでは。

posted by: よしきち | 雑記 | 02:01 | comments(0) | - | - |

やっと更新したけどこの様です

仕事のピークが過ぎて、やっとこれからブログ更新だと思っていたら、今度は自分の参加するサークルのゲーム制作が待ち構えていました。たぶん、夏コミが終わるまではまともな更新はできないでしょう。

それでもアクセスログがゼロにならないというのはうれしい限り。本ブログに来てくださっている皆様、本当にありがとうございます。毎日拝んでも拝みきれません。ナムナム。

↓はそのサークルで制作中のノベルゲームです。よろしければのぞいてみてください。

ユウレイのいた道
タイトル:ユウレイのいた道  制作:Fortune Bell -フォーチュンベル-

押してもらえると士気が微増します。
posted by: よしきち | 雑記 | 22:12 | comments(0) | - | - |

更新停止のお知らせ。

春と修羅場。

年度初めで仕事が忙しいわけです。

新アニメは観てますが感想を書く時間がちょっととれそうにもありません。そんなわけで、しばらくブログの方はお休みさせていただくことにします。

ライトノベルの感想に関してはのろのろと更新できるかも。かも。

7月頃には復活できるといいなぁ……。

posted by: よしきち | 雑記 | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

花見に行ってきました。

桜

新年度ということで仕事の方も結構忙しかったりします。
ようやく時間がとれたので、昨日は花見に行ってきました。というわけで、新番組の時期にもかかわらずアニメではなく雑記の方での更新です。

いやぁ、季節の行事というのもなかなか乙なものですね。思わず屋台で焼き鳥とビールを購入してしまいました。花より団子、団子よりも酒&つまみ、というわけでして。天気は少し曇り気味、気温も肌寒さが残る状況ではありましたが、十分桜の美しさは堪能することができたと思います。何より今回驚かされたのは、意外と近い場所に良い公園があったということ。や、少し山を登るんですが、それだけの価値はある所でしたよ。混雑してはいましたが、足の踏み場もないというわけではありませんでしたし。

スミレ?

こちらは、山を登っていく最中に見つけた花。
多分スミレの一種ではないかと思うんですが、詳しいことはちょっと分かりません。
でも、道脇に一心不乱に咲いている様子はなかなかの美しさでした。つくづく春なのだなぁと感じさせてくれた瞬間。

アニメの方は、感想を書きたいと思えるような作品が今のところ無いんですよね。「けいおん!」とか「戦場のヴァルキュリア」が結構面白そうだったんですが、記事にするまでには至りませんでした。まだまだあるので今後に期待します。

押してもらえると士気が微増します。
posted by: よしきち | 雑記 | 23:17 | comments(2) | trackbacks(0) | - |

『続 夏目友人帳』13話

JUGEMテーマ:漫画/アニメ 

人の生活の糧を握り、人から供物を得ることで生きてきた水神。人が山からの恩恵をそれほど必要としなくなったお陰で、寂しくなり、山を下りてきたという。何とも身勝手な話のようにも聞こえるけど、昔話に出てくる神様って案外そんなものだったりするんですよね。皮肉なことに、寂しさを分かち合える存在を求めて人間に混じっているうちに、人との関係自体を好きになってしまったようで。夏目や多軌に対する言動は、単なる演技というわけではなく、元々の性格そのままに振る舞っていたんでしょうね。子供達の間で人気があったのも納得。

夏目が名取さんの罠に誤って嵌ってしまった際の、カイが見せた表情が印象的でした。やはり純粋すぎるんだろうなぁ。ものごとを「敵と味方」で捉え、やったらやり返すという行為に走ってしまうその危うさは、意図したわけではないにせよ、まるでどこかの大国みたいで……。夏目は結局、「人と妖」を敵と味方ではなく、もっと大きな枠組みで考えて答えを導き出していましたね。そんな彼が、身を挺してカイを鬼達から守ろうとしたことで、神様の心境にも僅かな変化が。のびている夏目を尻目に、悪戯をしてやろうと友人帳を開いてみれば、そこには人々との楽しい記憶を想起させる一輪の押し花。敵だと決めつけた人間――夏目のことがどうしても好きなのだと気が付いて涙を流すカイの姿には、思わずホロリとさせられてしまいました。

人と妖との関係の在り方を描いてきた本作も、2度目の最終回。夏目が妖との付き合い方に一定の答えを導き出したところでのラストとなりましたが、やはり、個人的には1期目の方が面白い回が多かったように思います。いや別に委員長メイン回があったからとかそういうのではなくてですね(10%ぐらいはあるかもですが)、夏目が第1期の終盤で一定の成長を遂げたことで、2期目に入り周囲との関係がマンネリ化、その結果、物語自体の魅力が際立たなくなってしまったんじゃないかなと。テコ入れの手法にも今ひとつの部分があったかも知れません。そこは少々残念でしたが、しかし、人と妖との美しい物語は十分に堪能させてもらえました。3期目があるのならばもちろん期待したいです。2期目の制作に関わったスタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
押してもらえると士気が微増します。
posted by: よしきち | アニメ感想 | 20:26 | comments(0) | trackbacks(29) | - |

『とらドラ!』第25話

JUGEMテーマ:漫画/アニメ 

嘘をついて泰子さんを呼び出すのはどうかとも思ったけど、それで2世代に渡る親子関係が修復されたのなら結果オーライ。祖父に叱られている自身の母親を見て、竜司は大人になることの意味を何となく理解したんでしょうかね。みんなで幸せになろう、と大河に対して告げた際のその「みんな」の中にちゃんと大河の両親も含まれていることがとても頼もしく感じられました。やっぱり彼、良い父親になれるわぁ。

他人の存在が怖くて、拒絶という形でずっと逃げ続けていた大河。でも、そんな自分を愛してくれる人がいるという事実をようやく受け止めるに至って、真っ向から親と向き合う決意をしました。温かい部屋で待っている人がいたにもかかわらず、それまでの甘んじていた状況を払拭し、敢えて立ち向かおうとするその後ろ姿が印象的。多分、母親からの留守電を聞いて、大人の正体に気が付いたことも切っ掛けになったんでしょうね。大人という上着を一枚剥いでみれば、その下には自分とそれほど変わらない子供のような親がいたというわけで。前へ進むことを恐れなくなった彼女は、きっと良い母親になれるんじゃないかなぁと。

今は心細い光しか放てない星たち。でも、もっと輝くことが出来たのなら、互いにその存在を確認し合えるんだ、という櫛枝さんの解釈の仕方には不覚にも目が潤んでしまいました。これが原作者さんの、ひいては制作スタッフさん達の企図した、これから大人になっていく人達へのメッセージだったんじゃないですかね。亜美さんが茶化していましたけど、まあ、あれは照れ隠しみたいなモノで。そしてあのラスト。もう、大円団としかいいようがありませんでした。竜司が決めた「みんなで幸せになる」という目標まではまだ少しかかりそうだけど、ここまで描いてもらえれば視聴者としては十分。運命の恋なんて恥ずかしくてもう見ていられませんから、あとは2人でゆっくりとね。いやぁ、素敵な青春を見せてくれた原作者と制作スタッフの皆さんには心から感謝です。半年にわたる制作期間、本当にお疲れ様でした。
 
押してもらえると士気が微増します。
posted by: よしきち | アニメ感想 | 21:43 | comments(2) | trackbacks(47) | - |

『続 夏目友人帳』12話

JUGEMテーマ:漫画/アニメ 

久々に笹田さん絡みのお話かと思ったら、とんでもない展開が待ち受けていました。なにこの新旧ヒロイン交代劇みたいな様相は。単に好奇心からではなく、夏目の力を素晴らしいものだと捉えている委員長。ちょっとストーカーっ気があるんだけど、良い子だと思うんですよねぇ。にもかかわらずあの扱い。感情的な絡みは一切なく、多軌にその座を奪われるかのように物語からフェードアウトです。なんという浮かばれなさ! まあ、多軌も好きなんですけどね。花畑で夏目とカイと多軌が3人で微笑んでいる様は、どこからどう見ても夫婦のよう。とっても幸せそうな場面だったので特に印象に残っています。原作では転校している、というのがTV版委員長にとっての最大のネックなんでしょうかねぇ。最終回で何かしらのフォローが入ることを祈っていますけど……。

今までは成り行きで誰かを助けたことはあったけど、初めて「守ってやりたい」と思える存在が出来た夏目。こう聞くと、すわ恋煩いか!? という流れになるんでしょうが、残念、今回はカイという不思議な少年を巡るお話。もやしとかまな板とか女男とか言われるだけあって、夏目のカイに対する接し方は父兄というより近所のお姉さん的なアレがありました。自分が男として見てもらえないことは結構気にしていたんですね。ああ、なるほど、妖怪達が夏目とレイコの見分けがつかないというのは、どちらかというとそっちの原因の方が大きかったりして。そして最近ようやく用心棒としての本分を取り戻し始めたニャンコ先生。今回も結構な危機から夏目を救っているんだけど、それよりも何よりも、200円で人の頼み事を聞いてしまう価格破壊な安いノリや、全力で虫?を叩き落とす凛々しい姿の方が印象的でした。きっと、女子高生に化けて和菓子を買いに行くんだろうなぁ。カイの正体や真実は最終回である次週に持ち越し。どんな結末が待っているのか今から楽しみです。
 
押してもらえると士気が微増します。
posted by: よしきち | アニメ感想 | 20:11 | comments(0) | trackbacks(26) | - |

『とらドラ!』第24話

JUGEMテーマ:漫画/アニメ 

「親に恋路を阻害され駆け落ち」という、一昔前の恋愛モノで使われていた手法がまさかここで見られるとは。前回の感想で、最後まで書いてくれる云々と書きましたが、これほどの展開は予想外。橋の下から竜司が告白するシーンなどは、思わず見ているこちらまで身もだえてしまいそうでした。このノリは好きだなぁ。少し強引な部分もあるけど、これは2人を応援せずにはいられない。

少しでも歯車が噛み合っていれば、竜司と相思相愛の関係になれたかも知れない櫛枝さん。でも、そんな想い人は大河のことが好きになってしまい、彼女は潔くその身を引くことに。報われた、とは言っていたけど、やっぱり可哀想だよなぁ。というか、私はこっそり櫛枝&竜司ペアを応援していたわけでして。もちろん物語の主題からみても、2人がくっつく可能性は低いだろうことは分かっていたんです。亜美さんも、竜司の真意を真面目に問いただしていた辺り、自身の気持ちに踏ん切りを付ける機会を窺っていたんでしょうかねぇ。一人を選ぶということは、他人を選ばない、ということに繋がる訳で、少し寂しい気持ちを抱いてしまいます。

そして、竜司と大河の母親に対しては、正直なところ良い感情が持てませんでした。とはいえ竜司も大河も言い過ぎな部分があったし、そもそも悪意からではなく、純粋に自分の子供を愛しているからこそ追いつめるような言動をとってしまったわけで。互いが互いを想い合った結果がこれだというのなら、ちょっと切ない気分。仲間たちの力を借りて家を飛び出した竜司と大河の行き先は、なんと海辺の別荘……ではなく泰子さんの実家でした。来週の予告を観る限りでは、彼らが追いつめられてしまうような暗い雰囲気ではないようなので、明るい結末を期待したいなぁと思います。今回の演出を担当したのは、「ガンパレードマーチ」や「よみがえる空」などの監督を務めたことで知られる桜美かつしさん。爽やかな演出に定評のある人で、私は大好きなんですよね。最終回前の大事な回をよく盛り立ててくれたと思います。次回はやはり監督自ら、といったところでしょうかね。
 
押してもらえると士気が微増します。
posted by: よしきち | アニメ感想 | 23:02 | comments(0) | trackbacks(30) | - |

『続 夏目友人帳』11話

JUGEMテーマ:漫画/アニメ 

人の役に立ちたい、という夏目の気持ちはとても素晴らしいことだと思うのだけど、あれだけ妖怪や人間を救ってきた事実に対して自覚が殆どないというのはやはり問題があるのかもなぁ。周囲との距離や自らの資質について見通しが立っていないと、いざというときに無理をしてしまったり、他人を傷付けてしまう気がするんですよね。名取さんの、もっと自分自身を知るべき、という助言は全くその通りじゃないかと。

今回は、妖怪を退治(封印)することがメインの話。今までと違って娯楽色強めの演出で、これはこれで結構楽しめました。というか、今まで比較対象が名取さんぐらいしかいなかったので気にしていなかったんですが、夏目ってすごく強かったんですね。どうりで柊やその他諸々の力ある妖怪達が彼のパンチの前にあっけなく倒れてきたわけです。デカ顔妖怪を襖の向こうまで吹っ飛ばしたときの、周囲の歓声を聞いた時は少し嬉しくなってしまいました。

自分と同じ力を持っているからといって、必ずしも同じ意見を持つわけではないという、ある意味で当然の事実を思い知らされた夏目は、これからどうやって呪術師達と接していくんでしょうかね。七瀬さんと同じような疑念に凝り固まった人にだけはなって欲しくないなぁ。あと、今回観ていて印象的だったのが、柊の表情。仮面を付けているので直接見られるわけではないのだけど、物語の流れを読んで彼女の素顔を想像するのが結構面白かったです。最後、名取さんの後をついていく彼女の表情は、たぶん微笑んでいたんじゃないかなぁと何となく。
 
押してもらえると士気が微増します。
posted by: よしきち | アニメ感想 | 22:05 | comments(0) | trackbacks(14) | - |

とある夫婦の会話。

TVで定額給付金が話題になっていたので、

「ねぇ、給付金が出たらなに買おうか」
と夫が妻に問うた。

「あなたは何が買いたい?」
彼女はオウム返し。

「そりゃあアニメでしょ。一昔前のヤツが色々DVD-BOXになって出てるからね、今が買い時だよ」

「私は何に使うと思う?」

「さぁ? 本とか、服?」

「食費よ」

………皆さん。いくら天から降ってくるモノとはいえ、ご利用は計画的に。

押してもらえると士気が微増します。
Check
posted by: よしきち | 雑記 | 23:44 | comments(0) | - | - |